このページの本文へ

“Merom”ことモバイル版「Core 2 Duo」のリテールボックスが突如アキバで発売開始!

2006年08月30日 15時24分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 開発コードネーム“Merom”ことモバイル版「Core 2 Duo」を搭載したデモ機を、各ショップが28日から展示を開始したばかりだが、同CPUのリテールボックス版の発売が本日突如スタートした。

「Core 2 Duo T7600/T7400/T7200/T5600」 パッケージ
本日発売となった“Merom”ことモバイル版「Core 2 Duo」。モデルナンバーは 「T7600/T7400/T7200/T5600」の4製品。残る「T5500」はまだ発売されていない「Core 2 Duo T7600」のパッケージ。デザインは「Core Duo」やデスクトップ版の「Core 2 Duo」とさほど変わらない

 モバイル版「Core 2 Duo」は、デュアルコア採用で共有型の内蔵2次キャッシュメモリー、64bit拡張機能や仮想マシン機能対応(モデルT5500を除く)を備えるなど基本的な仕様はデスクトップ版「Core 2 Duo」と同じ。ただしFSBは1066MHzから667MHzへ、TDPは65W/75Wから34Wへとそれぞれ引き下げられている。ソケットは「Core Duo」と同じSocket 479を採用。
 本日秋葉原で販売を確認できたのは、「Core 2 Duo T7600」(2.33GHz/L2 4MB)、「Core 2 Duo T7400」(2.16GHz/L2 4MB)、「Core 2 Duo T7200」(2.00GHz/L2 4MB)、「Core 2 Duo T5600」(1.83GHz/L2 2MB)の4モデル。各ショップでの価格は以下の通り。どのショップも初回入荷数は極少量という。なお、TSUKUMO eX.によると今週末に極少量ながら再入荷の予定があるとのこと。

パッケージ比較 CPU
デスクトップ版の「Core 2 Duo」(写真左)とパッケージを比較。CPUクーラーが同梱されていないためパッケージがやや小さいパッケージ裏の窓からCPUを確認できる
「Core 2 Duo T7600」のスペック 「Core 2 Duo T7400」のスペック
「Core 2 Duo T7600」のスペックは、動作クロック2.33GHz、L2キャッシュ4MB、S-SPECは“SL9SD”「Core 2 Duo T7400」のスペックは、動作クロック2.16GHz、L2キャッシュ4MB、S-SPECは“SL9SE”
「Core 2 Duo T7200」のスペック 「Core 2 Duo T5600」のスペック
「Core 2 Duo T7200」のスペックは、動作クロック2GHz、L2キャッシュ4MB、S-SPECは“SL9SF”「Core 2 Duo T5600」のスペックは、動作クロック1.83GHz、L2キャッシュ2MB、S-SPECは“SL9SG”
インテル
「Core 2 Duo T7600」
\83,780 TSUKUMO eX.
\84,800 カクタソフマップ
\85,890 T-ZONE.PC DIY SHOP
\86,980 BLESS秋葉原本店
インテル
「Core 2 Duo T7400」
\55,780 TSUKUMO eX.
\56,800 カクタソフマップ
\56,980 BLESS秋葉原本店
\57,204 T-ZONE.PC DIY SHOP
インテル
「Core 2 Duo T7200」
\39,780 TSUKUMO eX.(完売)
\39,800 カクタソフマップ
\39,879 T-ZONE.PC DIY SHOP
\39,980 BLESS秋葉原本店
インテル
「Core 2 Duo T5600」
\31,780 TSUKUMO eX.
\31,800 カクタソフマップ
\31,980 BLESS秋葉原本店
\32,550 T-ZONE.PC DIY SHOP
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ