このページの本文へ

“Celeron M”に久しぶりの新モデルが登場!「Celeron M 440」と「Celeron M 450」の2モデル

2006年09月05日 21時28分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インテルのモバイル向けCPU“Celeron M”に久しぶりの新モデルが登場した。発売されたのはクロック周波数1.86GHzの「Celeron M 440」とクロック周波数2GHzの「Celeron M 450」だ。

Celeron M 450 2モデル
インテルのモバイル向けCPU“Celeron M”に久しぶりの新モデルが登場。発売されたのはクロック周波数1.86GHzの「Celeron M 440」とクロック周波数2GHzの「Celeron M 450」だ

 “Celeron M 4xx”シリーズはCore Duo/Core Soloと同じ製造プロセス65nmの“Yonahコア”を搭載するモデル。下位モデルにあたる「Celeron M 420」と「Celeron M 430」が今年4月に発売済みだ。クロック以外の仕様に変化はなく、FSB533MHzやL2キャッシュ1MB、最大動作電圧1.3Vなどなる。今日から販売しているドスパラアキバ店では「Celeron M 440」が1万4300円、「Celeron M 450」が1万7800円となっている。

【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ