このページの本文へ

“GeForce 7600 GS”搭載のAGP対応モデル初のファンレスモデル「GV-N76G256D-RH」がGigabyteから発売!

2006年08月15日 00時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 “GeForce 7600 GS”搭載のAGP対応モデルの発売ラッシュも一息ついた印象だが、そんな中Gigabyteから初のファンレスモデル「GV-N76G256D-RH」が発売となった。

GV-N76G256D-RH GV-N76G256D-RH
“GeForce 7600 GS”搭載のAGP対応モデル初のファンレスモデル「GV-N76G256D-RH」

 装着しているヒートシンクはやや大型のものとはいえ表面のみに装備。AGP-PCI Express変換チップであるHSIにも別途小型のヒートシンクを装着している格好だ。搭載メモリはDDR2 256MBでインターフェイスはDVI/VGA/TV-OUT(HDTV出力対応)と一般的な構成。ファンレスによる静音化とAGPユーザーにおけるビデオ機能のパフォーマンスアップという意味では大いに期待の持てそうな製品といえそうだが、ケース内のエアフローには気を配ったほうがよいだろう。本日入荷を確認したのはアークで、価格は1万7480円だ。

GV-N76G256D-RH GV-N76G256D-RH
搭載メモリはDDR2 256MBでインターフェイスはDVI/VGA/TV-OUT(HDTV出力対応)。発熱対策には気を配ったほうがよいだろう
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ