このページの本文へ

PC用Blu-rayディスクドライブの予約受付がついにスタート!パナソニック「LF-MB121JD」とアイ・オー・データ機器「BRD-AM2B」の2モデル!

2006年04月22日 22時45分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 昨日21日にパナソニックから発表されたばかりのPC用Blu-rayディスクドライブ「LF-MB121JD」の予約受付が早くもスタートした。同時にアイ・オー・データ機器製の「BRD-AM2B」の予約受付もはじまっている。

ポップ ポップ
昨日21日にパナソニックから発表されたばかりのPC用Blu-rayディスクドライブ「LF-MB121JD」の予約受付が早くもスタート。同時にアイ・オー・データ機器製の「BRD-AM2B」の予約受付もはじまっている

 Blu-rayは片面1層で25GB、2層で50GBの記憶容量を持つ相変化型光ディスク。DVD-R同様の追記型であるBD-Rと、DVD-RW同様の書換型BD-REの、2種類の記録メディアが用意されている。発売予定の「LF-MB121JD」はBD-R/REの双方に記録が可能で、2層式ディスクを使えば最大50GBのデータ記録が可能。またBD記録/読み込み用の光学系に加えて、DVD用とCD用の光学系(2レーザー/1レンズ)も搭載しており、DVD±R DL対応DVDスーパーマルチドライブと同等の記録/読み込みが可能となっている。
 「LF-MB121JD」はインターフェイスがIDE。主なスペックはBD-R/RE 2倍速(9MB/秒)、DVD±R 最大8倍速、DVD±R DL 最大4倍速、DVD+RW 最大8倍速、DVD-RW 最大4倍速、DVD-RAM 最大5倍速、DVD-ROM 最大8倍速、CD-R 最大24倍速、CD-RW 最大16倍速、CD-ROM 最大32倍速でバッファー容量は8MB。発売予定は6月10日。予約受付を開始したツクモパソコン本店IIによると価格は9万9800円(10%ポイント還元)となっている。
 なおパナソニック四国エレクトロニクス製ドライブ「SW-5582」を採用するアイ・オー・データ機器製「BRD-AM2B」も同じく9万9800円(10%ポイント還元)で予約受付中。ただし発売日は今のところ未定だ。

【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ