このページの本文へ

欲しくてたまらん!という方はセットでどうぞ!? 初のPC用Blu-rayディスクドライブ「SW-5582-C」のバルク版が発売に!

2006年06月06日 00時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 初のPC用Blu-rayディスクドライブの販売がついにスタートした。TWOTOP秋葉原本店では、組み込み向け専用という条件付きながら、パナソニック四国エレクトロニクス製ドライブ「SW-5582-C」のバルク版を今日から販売中だ。

SW-5582-C SW-5582-C
組み込み向け専用という条件付きながら初のPC用Blu-rayディスクドライブの販売がついにスタート。パナソニック四国エレクトロニクス製ドライブ「SW-5582-C」のバルク版だ

 「SW-5582-C」は、近日発売予定のアイ・オー・データ機器の「BRD-AM2B」や「BRD-AM2B」でも採用されているPC用Blu-rayディスクドライブ。主なスペックはBD-R/RE 2倍速、DVD±R 最大8倍速、DVD±R DL 最大4倍速、DVD+RW 最大8倍速、DVD-RW 最大4倍速、DVD-RAM 最大5倍速、DVD-ROM 最大8倍速、CD-R 最大24倍速、CD-RW 最大16倍速、CD-ROM 最大32倍速でバッファー容量は8MB。交換用の黒ベゼルのほか、付属ソフトとドライバCDが付く。
 同店によるとドライブ単体での販売はできないが、価格は7万9800円になるということ。TWOTOP秋葉原本店の最安クラスの組み込みPCとセットで購入すれば、約10万程度でいち早く手に入れることは可能。ちなみに単体販売のモデルとしては、先のアイ・オー・データ機器のほか、バッファローロジテックからも発売が予定されており、価格はいずれも約10万円程度となっている。

SW-5582-C SW-5582-C
近日発売予定のアイ・オー・データ機器の「BRD-AM2B」や「BRD-AM2B」でも採用されている「SW-5582-C」。ドライブ単体での販売はできないが、価格は7万9800円になるという
黒ベゼル 付属ソフト
交換用の黒ベゼルのほか、付属ソフトとドライバCDが付く
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ