このページの本文へ

ツクモ限定! アビーからATX電源とSFX電源の両方に対応したアルミケース「AS Enclosure S1 99」が登場!

2006年01月26日 23時48分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アビーからATX電源とSFX電源の両方に対応したアルミケース「AS Enclosure S1 99」が登場した。九十九電機とアビーのコラボレーションモデルで、ツクモ各店でのみの販売となる。

ツクモ限定モデル
ATX電源とSFX電源の両方に対応したアビー製のアルミケース「AS Enclosure S1 99」九十九電機とアビーの共同企画で生まれたツクモ限定モデルだ

 同製品は、以前紹介したATXマザーボードが搭載可能なMicro ATXサイズのアルミ製コンパクトPCケース「AS Enclosure S1」を改良したもので、ATX電源のほかにもSFX電源を搭載可能にしたのが大きな特徴だ。ATX電源を取り付けない場合は電源のベイに3.5インチシャドウベイ×2を設置可能となっている。また、SFX電源ベイには同社のオプションパーツ「ブロワファンユニット」などを装着できる。このファンは拡張スロット周辺の放熱を強化したい時などに効果がある。そのほかにも、3.5インチシャドウベイにプラスチック製のフックを取り付け、振動を低減させたり、シャドウベイのセルフタッピングネジをより長いものに変更し、取り付けやすくするなどの改良が加えられている。カラーはブラックとシルバーの2色をラインナップ。価格はツクモ各店で3万5780円。

SFX電源ベイ ATX電源ベイ
PCIスロットの左に、Micro ATXケースなどに採用されているSFX電源を搭載可能だATX電源を取り付けない場合は電源のベイに3.5インチシャドウベイ×2を設置できる
3.5インチシャドウベイ セルフタッピングネジ
3.5インチシャドウベイにプラスチック製のフックを取り付けている。同社によると振動を低減させる効果があるというシャドウベイのセルフタッピングネジは取り付けやすいようにより長いものに変更された
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ