このページの本文へ

アビー製PCケース第1弾!アルミ最大3mm厚のフリーレイアウトPCケース「AS Enclosure M2」が登場!

2005年04月04日 16時53分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 昨年末ATX電源「AS Power」を発売したアビーから、今度は同社初のPCケース「AS Enclosure M2」が登場した。マザーボードを従来のATXケースとは逆向きに――つまりケースをフロントパネル側から見るとマザーボードが左サイドに、サイドパネルを開けてマザーボードを見るとカードスロットとCPUソケットが上下逆さまになるようにマウントすることで、効率的な冷却を実現したのが特徴だ。

AS Enclosure M2
アビー製PCケース第1弾となる本格アルミ製ケース「AS Enclosure M2」
内部の様子
内部の様子。マザーボードを従来のATXケースとは上下左右逆向きにマウントすることで、効率的な冷却を実現したのが特徴だ

 サイズ430(H)×200(W)×520(D)mmとなるこのケースは、フロントパネルが3mm、メインフレームが2mmという肉厚アルミ合金を採用。リアパネルにはミラー仕上げを施した1mmのステンレス合金を組み合わせることで、強度向上も図っているという。
 前述したように、マザーボードを従来のATXケースとは逆向きにマウントする倒立構造とすることで、ケース前面の12cm角ファン(約1500rpm)から吸引された空気を熱源であるHDD、CPU、メモリなどにダイレクトに当て冷却。背面に装備した12cm角ファン(約1500rpm)により熱風をそのままケース外部に送り出す仕組みとなっている。このような冷却機構は“BTX”規格に対応したPCケースクーラーマスター製「CM Stacker STC-T01」などでも採用されており、今回の「AS Enclosure M2」はATX対応ケースながらBTXライクな冷却システムを採用した一例といえそうだ。

背面から ドライブベイ
背面から写す。マザーボードべースは後方スライド式を採用。メンテナンス性も良好だ最大9基(3.5インチベイ2基含む)の5インチベイがフリーレイアウト構造となる。下部に見えるのはHDDを静音化するハードディスクサイレンサ

 もうひとつ特徴として挙げられるのが、最大9基(3.5インチベイ2基含む)の5インチベイがフリーレイアウト構造となっているところ。電源やリセットなどといったスイッチ類やフロントアクセスポートは、ユーザーの好みに応じてベイを指定することが出来る。なおシャドウベイは6基で電源は非搭載。カラーリングはシルバー(型番:EM2S-002)と(型番:EM2BK-003)ブラックの2色が用意される。その他、ケース底面に振動吸収用のシリコン系制振ラバーインシュレータを装備。ネジには2種類のドライバレススクリューを採用、HDDを静音化するハードディスクサイレンサを標準搭載するなど機能満載だ。発売は8日を予定しており、予価は高速電脳とフェイスで3万9800円となっている。

フロント ケース底面
電源やリセットなどといったスイッチ類やフロントアクセスポートは、ユーザーの好みに応じてベイを指定することが可能ケース底面に振動吸収用のシリコン系制振ラバーインシュレータを装備
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ