このページの本文へ

ヒートシンクの出っ張りがないファンレス電源「Calmer」がサイズから来週発売予定!

2005年09月02日 20時46分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サイズから容量360Wのファンレス電源「Calmer」が7日(水)に発売される予定だ。ファンレス電源にもかかわらずヒートシンクが本体背面などから飛び出していないのが特徴。

「Calmer」 ヒートシンクを内蔵
容量360Wのファンレス電源「Calmer」。ファンレスなのにヒートシンクの出っ張りが一切ない本体内に紫色のヒートシンクを内蔵している

 本体にヒートシンクを内蔵しており、ケースはメッシュ状となっている。アクティブPFCを採用しており、パッケージによると電力変換効率は89%とのこと。ショップの話では「通常、電源の変換効率は65~70%程度なので、かなり変換効率がいい」という。過電流/過電圧/ショート保護回路を搭載し、ATX 12V ver2.0に対応している。コネクタ数は、ATXメイン(20/24ピン)×1、ATX12V×1、FDD用×1、HDD用×6、Serial ATA用×2。サイズは150(W)×140(D)×85.8(D)mm。販売を予定しているのはフェイス、TWOTOP秋葉原本店、CUSTOM、高速電脳など。予価はフェイスで1万5700円、高速電脳で1万5800円。

ケーブル スペック表
ケーブルはすべてメッシュで覆われている本体に貼られたスペック表。電力変換効率は89%と表記されている
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ