このページの本文へ

スクリューコネクタ式の着脱ケーブルを採用した580WのATX電源「HPU-4K580」が登場!

2005年09月03日 23時42分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 High Performance Groupという英国のメーカーからスクリューコネクタ式の着脱ケーブルを採用した580WのATX電源「HPU-4K580」が登場した。工具入れにも使えそうな一風変わったパッケージが目印だ。

結合部
結合部にスクリューコネクタを採用しているのが特徴
パッケージ
工具入れにも使えそうな一風変わったパッケージが目印だ

 ケーブル着脱式の電源といえば最近のトレンドのように多数のメーカーから発売されているが、今回登場した「HPU-4K580」は結合部にスクリューコネクタを採用しているのが特徴だ。これによりケーブルが外れるのを防止できるという。チタンコーティングが施された本体は80/120mm(18dB)の冷却ファンを搭載。ATXバージョンは2.2で、Serial ATAやPCI Express用コネクタも装備している。販売しているのはUSER'S SIDE本店で、価格は2万6040円となっている。

本体 コネクタ
チタンコーティングが施された本体は80/120mm(18dB)の冷却ファンを搭載するケーブルが外れるのを防止できるというのがウリ
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ