このページの本文へ

最大解像度2400dpiの光学式マウス「RAPTOR-GAMING M2」が発売! オモリ付属で重量調節も可能!

2005年08月25日 22時01分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Raptor Gaming Technologyというメーカーから、最大解像度2400dpiという光学式マウス「RAPTOR-GAMING M2」が登場した。名前の通り、ゲーマー向けのハイエンドマウスだ。

「RAPTOR-GAMING M2」
最大解像度2400dpiという光学式マウス「RAPTOR-GAMING M2」。メーカーはRaptor Gaming Technologyだ
解像度
解像度は400dpi~2400dpiまで200dpi刻みで変更可能となっている

 高解像度のゲーマー向けマウスとしては、1600dpiのRAZER製「Razer Diamondback」やLogitech「MX518」が有名。さらに今月11日には「Razer Diamondback」の後継モデルで解像度2000dpiという「Razer Copperhead」のサンプル版が登場したのは記憶に新しいところだ。そんな中登場した今回の「RAPTOR-GAMING M2」は、初の解像度2400dpiとなる製品だ。解像度はホイール下のボタンで400dpi~2400dpiまで200dpi刻みで変更可能。ボタン数は5つでホイールはチルト式を採用している。
 外観は、右手専用ということで右側面が若干はみ出したようなデザインが特徴的。さらに、マウス下部のカバーを外して付属のオモリ(10gと20g)を装着できるというユニークなギミックも用意されており、これによりノーマル状態で110gのマウス本体を好みに応じて120g/130gへと変更することができる。インターフェイスはUSBでケーブルの長さは2.5m、交換用のソウルが付属する。販売しているのはPC.CHAOSで、価格は7480円だ。

裏面 パッケージ
裏面。ソウルは4箇所に配置され交換用のソウルも付属パッケージはお菓子の缶のようなユニークなもの
オモリ 装着
付属のオモリ(10gと20g)下部のカバーを外して装着する。ノーマル状態で110gのマウス本体を好みに応じて120g/130gへと変更することが可能だ
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ