このページの本文へ

「RealForce106」のキー荷重45g版!東プレ製キーボード「FD-0100」が店頭販売中

2005年01月08日 21時37分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 高速電脳で、東プレ製キーボード「FD-0100」が販売されている。
 東プレ製キーボードといえば“RealForce”シリーズだが、今回の製品は同シリーズには位置付けられていない。同社ウェブサイトの製品紹介のページには、コンシューマ用として“RealForce”シリーズが販売される以前から業務用として生産されていたキーボード、「FD-01」が掲載されており、これに該当する製品と思われる。だとすれば、一般の店頭で販売されるのはかなり珍しいと言えよう。

「FD-0100」
東プレ製キーボード「FD-0100」。“RealForce”のロゴが入っていない点に注目。パッケージの段ボール箱も無印刷

 キースイッチはもちろん、“RealForce”シリーズでお馴染みの静電容量方式を採用。最大の特徴は、キー荷重が全域45gとなっていること。“RealForce”シリーズのキー荷重は、キーの位置により55g/45g/30gを使い分けたものと、全キー30gの2種類のみとなっているので、従来の“RealForce”シリーズではキーが軽すぎると感じていた人にはうってつけの製品と言える。同じくキー荷重全域45gの製品として、昨年末にブラックモデルの「FD-01D0」が登場しているが、無刻印バージョンという特殊仕様だった。
 キー数は106で、「RealForce106」と同様の日本語配列。本体右上の“NumLock”“CapsLock”“ScrollLock”のインジケータLEDの下には“RealForce”ロゴが入っておらず、識別は容易だ。インターフェイスはPS/2。価格は高速電脳で1万9800円。

45g 裏面のラベル
キー荷重は全域45g仕様となっている。キー数は106裏面のラベル。マニュアル等はなく、東プレ製品と明記されているのはここだけ
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ