このページの本文へ

FSB1066MHz対応!“i925XE”搭載キューブ型ベアボーンがShuttleから

2005年01月08日 21時58分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Shuttleから、“i925XE”チップセットを搭載しFSB1066MHzに対応するキューブ型ベアボーンPC「SP95P V2」が登場した。昨年11月より販売されている“i925E”搭載製品、「SB95P」のチップセットを変更したバージョンにあたる。

「SP95P v2」
“i925XE”チップセットを搭載しFSB1066MHzに対応するキューブ型ベアボーンPC「SP95P V2」。外観上は“i925E”搭載製品「SB95P」と変わらない

 チップセットが変更されたということはマザーボードが変更されているはずなのだが、Shuttleのウェブサイトを見る限り、マザーボードの製品名は「SP95P」と同じ「SB95」となっている。
 拡張スロットはPCI Express x16×1、PCI Express x1×1で、PCIスロットは搭載していないという点は注意。DIMMスロットは2本でPC4300(DDR2 533)DDR2 SDRAMまで対応し、最大メモリ容量は4GB。Serial ATAポート×4、8チャンネルオーディオ、IEEE1394、ギガビットイーサネットがオンボード。
 ケースは「SP95P」からデザインに変更はなく、サイズは325(W)×220(D)×210(H)mm。ベイ数は5インチベイ×1、3.5インチベイ×1、3.5インチシャドウベイ×2。電源容量は350W。本体右側から吸気し、ヒートパイプ式クーラーを経て左側へ排気するダクト状の冷却機構を搭載する。価格は俺コンハウスで4万9800円、高速電脳で5万715円(完売)。

ポップ
ショップによるポップ。マザーボードが変更されているはずなのだが、マザーボードの製品名は「SP95P」と同じ「SB95」となっている
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ