このページの本文へ

“i925X”搭載のキューブ型ベアボーンがShuttleから初登場

2004年11月12日 20時42分更新

文● 美和

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 チップセットに“i925X”を採用したShuttle製キューブ型ベアボーン「SB95P」が登場した。同チップセットを搭載したキューブ型ベアボーンは今回が初となる。

 「SB95P」は、以前紹介した“i915”を搭載した同社のキューブ型ベアボーン「SB81P」の兄弟モデル。本体右側から吸気し、クーラーを経て反対の左側に排気するダクト状の冷却機構や、フロント上部にカードリーダ/ライタなどを用意しているところなど、筐体の構造は「SB81P」と同じ。ベイ数は5インチベイ×1、3.5インチベイ×1、3.5インチシャドウベイ×2という構成で、フロントアクセスポートとしてUSB 2.0やIEEE 1394などを備える。

SB95P 内部
チップセットに“i925X”を採用したShuttle製キューブ型ベアボーン「SB95P」ベイ数は5インチベイ×1、3.5インチベイ×1、3.5インチシャドウベイ×2という構成

 マザーには同社の「FB95」を使用。ソケット形状は“LGA775”で、現状ではPentium4 520(2.8GHz)~550(3.6GHz)、Celeron D 325J(2.53GHz)~340J(2.93GHz)を使用可能。拡張スロットは、PCI Express x16 ×1、PCI Express x1 ×1、DDR2 DIMM×2(最大2GB)という構成。そのほか、Serial ATA150×4、IDE ATA100×1、サウンド、IEEE1394、ギガビットイーサネットなどがオンボードで用意されている。なお、VGA機能やPCIスロットは搭載されていないので注意。電源は350W。サイズは325(W)×210(H)×220(L)mm。価格はクレバリー1号店で4万9318円、Onenessで4万9450円、OVERTOPで4万9480円、高速電脳で4万9665円、俺コンハウスとT-ZONE.PC DIY SHOPで4万9800円、アークで4万9875円、TWOTOP秋葉原本店で4万9880円。

拡張スロット
拡張スロットは、PCI Express x16 ×1、PCI Express x1 ×1本体右側から吸気し、クーラーを経て反対の左側に排気するダクト状の冷却機構
ファン数 背面インターフェイス
CPU冷却機構のファンも含め、5つのファンを搭載する背面インターフェイスは、シリアル×1、IEEE 1394×1、ギガビットイーサネット×1、USB 2.0×2、コアキシャル×1、SPDI/F×1、7.1chオーディオ出力など
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ