このページの本文へ

ShuttleからDVD+R DL対応記録型DVDドライブが!キューブ型ベアボーンにぴったり!

2005年01月21日 19時47分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 DVD+R DL4倍書き込みに対応したShuttle製の記録型DVDドライブ「CR40」が明日発売となる。同社製のキューブ型ベアボーンPC“XPC”とマッチする3色のベゼルを採用するのが特徴だ。

「CR40」
Shuttle製DVD+R DL4倍書き込み対応記録型DVDドライブ「CR40」。明日21日から販売開始だ

 キューブ型ベアボーンPCといえば、そのスタイルからも見た目の外観にはこだわりたいというのが本音。ところが、搭載するドライブのベゼルカラーと本体のカラーリングが合わないという悩みも少なくないだろう。そんな中発売されるのが、「CR40」。ホワイト/ブラック/シルバー3色のベゼルは、どれも同社製のキューブ型ベアボーンPC“XPC”シリーズと合うようにデザインされているという。
 ドライブ本体の仕様は、DVD+R DL書き込み最大4倍速、DVD+R書き込み最大16倍速、DVD+RW書き換え最大4倍速、DVD-R書き込み最大16倍速、DVD-RW書き換え最大4倍速、CD-R書き込み最大40倍速、CD-RW書き換え最大24倍速、DVD-ROM読み出し最大16倍速、CD-ROM読み出し最大40倍速、バッファ容量は2MB。ライティングソフト「Nero6」が付属。価格は3色共通で、クレバリー1号店で9943円、アークで9996円で販売される予定だ。

3モデル
ホワイト/ブラック/シルバーの3モデルがある。好みに合わせて選択可能だ
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ