このページの本文へ

ATI製初のAthlon 64対応チップが登場!

2004年12月04日 16時26分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 4日、秋葉原で弊社の月刊誌「アスキープラス」主催、ATIテクノロジーズジャパン協賛のイベントが“Linux Cafe di PRONTO秋葉原店”で開催されたが、そのイベントのなかでAthlon 64対応のATI製チップセットを搭載したマザーが登場した。チップはATI RADEON XPRESS 200/200Pだ。

PCI Express関連製品展示会
「アスキープラス」主催、ATIテクノロジーズジャパン協賛のPCI Express関連製品展示会が“Linux Cafe di PRONTO秋葉原店”で開催された

 “RADEON XPRESS 200/200P”は、11月8日(現地時間)にATIより発表されたもの。同社としては初のAthlon 64/Athlon 64 FX/Sempron用チップセットであり、Socket 939とSocket 754の両対応。PCI Expressをサポートするのが特徴だ。
 North Bridgeは、“RADEON XPRESS 200”ではRADEON X300がベースでDirectX 9対応のグラフィック機能を統合した“RS480”、“RADEON XPRESS 200P”ではグラフィック機能を省略した“RX480”となっている。South BridgeはUSB2.0、最大4ポートでRAID対応のSerial ATA、AC'97オーディオなどの機能を持ち、North BridgeとはPCI Expressで接続される“IXP400”。このほか今回展示されたマザーボードの中には、ALi製(正確には、そのチップセット部門のULi製)South Bridgeチップ“M1573”を組み合わせた製品も見られた。

“RADEON XPRESS 200/200P”搭載マザーボード群 色違い
展示された“RADEON XPRESS 200/200P”搭載マザーボード群RADEON X300がベースでDirectX 9対応のグラフィック機能を統合した“RS480”
“IXP400” “M1573”
“IXP400”。North BridgeとはPCI Expressで接続されるALi製South Bridgeチップ“M1573”

 今回展示されていた“RADEON XPRESS 200/200P”マザーはPowerColor製4製品、Sapphire製2製品の計6製品。
 PowerColor製品は、Socet 939でATXフォームファクタ、“RX480”+“IXP400”、PCI Express x16×1、PCI Express x1×3の「AX480A-GF」、Socket 754でATXフォームファクタ“RS480”+“M1573”、PCI Express x16×1、PCI Express x1×2の「A480A7-VF」、そのグラフィック機能省略版の「AX480A7-F」、Socket 754でMicro ATXフォームファクタ、“RS480”+“IXP400”でPCI Express x16×1、PCI Express x1×2の「A480M7-V」というラインナップ。  Sapphire製品はいずれもSocet 939対応でPCI Express x16×1、PCI Express x1×1という構成。ATXフォームファクタで“RS480”+“IXP400”の「RS480AS9-A58S」、Micro ATXフォームファクタで“RX480”+“IXP400”の「RX480MS9-A56S」となっている。
 代理店のアスクによると、“RADEON XPRESS 200/200P”搭載製品は来年1月中旬より順次発売となる予定で、価格は未定ながら低価格な製品では1万5000円台になるという。

PowerColor製「AX480A-GF」 「A480A7-VF」
PowerColor製「AX480A-GF」PowerColor製「A480A7-VF」
「AX480A7-F」 「A480M7-V」
PowerColor製「AX480A7-F」PowerColor製「A480M7-V」
Sapphire製「RS480AS9-A58S」 「RX480MS9-A56S」
Sapphire製「RS480AS9-A58S」Sapphire製「RX480MS9-A56S」

 もうひとつ注目されるのが、12月1日(現地時間)発表されたばかりの“RADEON X850 XT”搭載カードのデモだ。現行の“RADEON X800”シリーズのさらに上位となるハイエンドGPUで、もちろんPCI Expressにネイティブで対応。展示されていた製品は、2スロットを占有する大型のクーラーを搭載していた。
 ATIのプレスリリースによると、“RADEON X850”シリーズは“RADEONR X850 XT Platinum Edition”、“RADEONR X850 XT”、“RADEONR X850 PRO”の3種類が用意される。“RADEON X800”との違いは、“SMARTSHADER”が“HD”から“2.1”に進化し、動作クロックが引き上げられていること。両者の最上位モデルでコア/メモリクロックを比較すると、“RADEON X800 XT Platinum Edition”では520MHz/1150MHzだったものが、“RADEON X800 XT Platinum Edition”では540MHz/1180MHzとなっている。そのほか、パイプライン数16、メモリインターフェイス256bit、GDDR3対応で最大VRAM容量が256MBといったスペックは両者同様。搭載カードの販売時期および価格は現在未定となっている。

“RADEON X850 XT” 2スロットを占有
デモ中の“RADEON X850 XT”搭載カード2スロットを占有する大型のクーラーを搭載する

PowerColor製ファンレスRADEON X700カード MSIの展示
PowerColor製ファンレスRADEON X700カード。1月上旬発売予定MSIの展示
“RADEON X850 XT” ASUSTeKのパッケージ展示
Gigabyteの展示ASUSTeKのパッケージ展示
“RADEON X850 XT” セッションのようす
屋外のゲームコーナーセッションのようす
【関連記事】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ