このページの本文へ

Commell製Pentium M対応Mini-ITXマザー専用PCケースが発売に

2004年05月15日 23時05分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
PCケース 側面
Commell製Pentium M対応Mini-ITXマザーボード専用というPCケース「CUBE CL10000 ACベアボーンキット」で採用されていたケースと同じものだ

 Commell製Pentium M対応Mini-ITXマザーボード専用というPCケースがデザインテクニカから登場した。対応マザーボードは、マザー裏面にPCカードスロットやCFカードスロットを装備しない「LV-671NSMA」と「LV-671NSMP」の2製品とされている。



天板 ファン
フタを開けるように天板だけ取り外しが可能冷却用のファンに巨大な12cm角タイプを採用
ポップ 背面
マザー裏面にPCカードスロットやCFカードスロットを装備しない「LV-671NSMA」と「LV-671NSMP」専用となるPCIスロット用のライザーカードが付属

 写真を見てお気付きの方もいるだろう。このケースは、同社製のVIA製CPU「C3-1.0AGHz」オンボードの「EPIA CL-10000」を搭載したベアボーンPC「CUBE CL10000 ACベアボーンキット」で採用されていたものと同じものだ。つまり搭載していたマザーボードを取り除いた、PCケース単体での販売というもの。当然、同じMini-ITXマザーボードであるため、「LV-671NSMA」や「LV-671NSMP」も搭載可能ということになる。またケースそのものはMini-ITX汎用であるものの、電源が付属しておらず、ACアダプタ電源がセットとなる「LV-671NSMA」「LV-671NSMP」専用という扱いになっている。
 よってケースの特徴もかわっておらず、サイズ23(W)×23(D)×14(H)cmと、真上から見ると正方形。写真のように天板だけが取り外しが可能な点も同じで、冷却用のファンに巨大な12cm角タイプを採用しているところも変わりはない。ベイ数は5インチ×1、3.5インチシャドウベイ×1。販売しているのはOVERTOPで、価格は1万8800円。PCIスロット用のライザーカードが付属し、カラーは現在ブラックのみだが、ホワイトも近々入荷予定となっている。

【関連記事】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ