このページの本文へ

サービスコンセント4個を搭載する電源が登場!

2004年05月14日 21時25分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
4個のサービスコンセント SPS-400
合計4個のサービスコンセントを装備するというユニークな電源。メーカーはCleverpower写真は400Wタイプの「SPS-400」

 合計4個のサービスコンセントを装備するというユニークな電源がCleverpowerから登場した。ラインナップは、400Wタイプの「SPS-400」と500Wタイプの「SPS-500」。背面の冷却用のファンに14cm角という大型のブロアー式ファンを採用しているのも特徴のひとつだ。



接続例 スペックシール
パッケージによるとモニター、プリンター、スキャナーなどを接続例としてあげているラインナップは、400Wタイプの「SPS-400」と500Wタイプの「SPS-500」の2つ
ブロアー式ファン Serial ATA用
冷却用の14cm角ブロアー式ファンは、回転数800rpmで18dB、1500rpmで25dBというスペック電源コネクタにはSerial ATA用も2つ用意されている

 背面には、4個のサービスコンセントのほかにRESET/OFFと書かれた電源ボタンが付いている。また、4個のサービスコンセントは「PC本体の電源スイッチのON/OFFに連動している」という。パッケージによるとモニター、プリンター、スキャナーなどを接続例として挙げており、これらを含め外付けのドライブなどを使用しているユーザーにとっても注目の製品だろう。もちろん、PC周辺機器以外での使用やOAタップなどの接続は禁止しているので注意が必要だ。
 そのほか冷却用のブロアー式ファンは、回転数800rpmで騒音値18dB、1500rpmで騒音値25dBというスペック。価格は「SPS-400」が高速電脳で8380円、アークで8400円となり「SPS-500」が高速電脳で9380円、アークで9400円となっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ