このページの本文へ

『Zend Studio 3.0 日本語版』が発売に

2004年01月14日 22時58分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ゼンド・オープンソースシステムズ(株)は14日、PHPの統合開発環境Zend Studio(ゼンド・スタジオ)の最新版『Zend Studio 3.0 日本語版』の出荷を開始した。同製品はこれまでのZend Studioの機能を継承しつつ、新プラットフォームMac OS Xの対応や、新機能“Profiler(実行状況評価)”や“Code Analyzer(ソースコード解析)”などを搭載し利便 性を大幅にアップした製品。通常のパッケージの他に、今回はZendStudioの前バージョン購入ユーザ向けにアップグレード版も用意している。価格は4万1000円、アカデミックライセンス(教育機関向け/アップグレード対象外)は2万2000円。アップグレード版は『Zend Studio 2.0/2.5』購入者のアップグレードが1万円、『Zend Studio 2.6』購入者のアップグレードが5000円(どちらもアカデミックライセンスは対象外)となっている。

■主な新機能

・Profiler(実行状況評価)
PHPアプリケーションの実行時間を詳細に把握でき、ボトルネックの解析が可能になった。これらの情報により、コードレベルでのチューニングが可能に。評価結果は、グラフによりビジュアルに表示される。
・Code Analyzer(ソースコード解析)
ソースコードを解析し、問題点をレポート。PHPが出力するエラーメッセージに比べてわかり易い解説。
・ツールバー(Windws環境のみ)
WebブラウザからワンタッチでデバックやProfilerを起動


カテゴリートップへ

ピックアップ