このページの本文へ

アイ・オー・データ機器からLow Profile対応TVチューナ/キャプチャカードが発売

2003年11月29日 22時43分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「GV-BCTV7」
「GV-BCTV7」。Low Profile PCIに対応する

 アイ・オー・データ機器から、先日発売された「GV-MVP/RX」に続きTVチューナ/キャプチャカード「GV-BCTV7」が発売された。特徴はその低価格で、本日入荷したTSUKUMO eX.での価格は1万2799円。同梱ソフトを最低限とすることで低価格を実現しているのが特徴だ。



パッケージ ソフト削減
同梱ソフトの数を抑え、リモコンも省いたことにより低価格化されている

 10bitA/D変換に対応したConexant製ビデオデコーダを搭載、NEC製チップ“μPD64031A”によるゴーストリデューサ、同じくNEC製チップ“μPD64084”による3次元Y/C分離回路、ノイズリダクションを搭載するが、3次元Y/C分離とノイズリダクションは排他利用、また3DノイズリダクションはTVチューナ入力とコンポジット入力でのみ有効となるので注意。TVチューナはPanasonic製。Low Profile PCIに対応し、インターフェイスはTVチューナ入力のほかS-Video入力、外部ライン入力(R/L)となっているが、各ビデオ入力端子は同梱のマルチケーブルで一まとめにされ、1つのコネクタで接続される。
 対応フォーマットはMPEG1/2、AVI。スペックはキャプチャ解像度が720×480ドットから320×240ドットまでの7種類、15Mbps~500kbps。ゴーストリデューサや3DY/C分離といった画質設定をドライバソフトにより詳細に変更可能となっている。
 同梱のソフトはテレビ録画・編集ソフト「DigiOnTVR L.E.」、XVDエンコーダソフト「XVD Encoder plus」、遠隔録画予約サービスソフト「reserMail」。iEPGおよびタイムシフト再生にも対応する。リモコンは付属していない点は注意だ。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ