このページの本文へ

マザーボードが3種類から選べる星野金属製キューブ型ベアボーン「Jammer」!

2003年11月08日 19時29分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Jammer」

 マザーボードを3社3製品から選べるという星野金属(ソルダム)製キューブ型ベアボーン「Jammer」の展示がTSUKUMO eX.で開始された。同社ウェブサイトによると出荷開始は来週末の14日(金)となっている。



マザーボード3種類
マザーボードはAOpen製「UX4SG-1394」、Soltek製「SL-B8E-F」、Shuttle製「FB61」の3種類

 マザーボードはAOpen製「UX4SG-1394」、Soltek製「SL-B8E-F」、Shuttle製「FB61」の3種類で、それぞれを組み込み済みにしたモデルが用意され“Type AP”“Type SL”“Type ST”という製品名が与えられている。ケースはやや大型になった新設計のもので、ベイ数は5インチ×1、3.5インチ×1、3.5インチシャドウベイ×1。同社製水冷キット「Aquagizumo」の装着も可能で、その場合はさらにもう1つ3.5インチシャドウベイの増設が可能。もちろん同じく同社製の外付け電源ユニット「Varius EX」にも対応する。



展示ポップ
展示ポップ

 標準タイプの「Jammer」のほか、本体前面にファンコントローラを装備した「Jammer HS」もあり、2種類×マザーボード3種類、そして計12種類のカラーバリエーションが用意されるという多彩なラインナップ。カラーバリエーションはホワイトパールマイカ/シルバー/ブラック/グランブルーメタリック/グランルージュメタリック/アクアマリン/ペールローズ/クリーミーアイボリー/ロカビリーオレンジ/キャディラックマスタード/ボタニカルグリーンメタリック/ナイトレッドメタリック/チューダーブラウンメタリック。
 予価は「Jammer」のホワイトパールマイカで“Type AP”が4万3000円、“Type SL”が4万1600円、“Type ST”が4万4300円。「Jammer HS」の同じくホワイトパールマイカで“Type AP”が4万9000円、“Type SL”が4万7600円、“Type ST”が5万300円となっている。他のモデルに関しては星野金属工業(ソルダム)のウェブサイトをご覧いただきたい。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ