このページの本文へ

電源までアクリル!筐体の大部分が透明アクリルのキューブ型ベアボーンがAOpenから!

2003年11月29日 22時17分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「XCcube SilentSea」
筐体の大部分が透明アクリルというユニークな製品「XCcube SilentSea」

 今年9月にAOpenとしては初めてのキューブ型ベアボーンとなる「XC cube」を発売した同社から、今度は筐体の大部分が透明アクリルというユニークな製品「XCcube SilentSea」が登場した。その名の通り使用されているアクリル板は、青みががった透明感のある海を連想させるものとなっている。



220W電源 ドライブベイ
なんと搭載する220W電源にまでアクリル板を使用しているやはりアクリルで作られたドライブベイは5インチベイ×1、3.5インチ×2(シャドウベイ×1)という構成
横から見る 通風孔
もちろん向こう側も丸見え両側面には通風孔を設けるなど熱対策もしている

 写真のように筐体の大部分が透明アクリル版で構成されており、なんと搭載する220W電源にまでアクリル板を使用している。やはりアクリルで作られたドライブベイは5インチベイ×1、3.5インチ×2(シャドウベイ×1)という構成だ。またアクリル主体のために排熱効果が気になるところだが、両側面には通風孔を設けるなどの配慮は見られる。



CPUクーラー Socket A対応
付属のCPUクーラーは普通。できればファンにもアクリルタイプを採用してもらいたかったマザーはVGA出力を2つ搭載するのが特徴の「UK79G-1394」

 搭載するマザーボードはVGA出力を2つ搭載するのが特徴の「UK79G-1394」というSocket A対応に対応した製品だ。チップセットに“nForce2-GT(+MCP-T)”を採用するため、内蔵VGA機能のほかIEEE1394や10/100Base-Tイーサネット、サウンドなどを装備している。価格は高速電脳で4万9800円、TSUKUMOeX.で5万1979円で販売中のほかZOA秋葉原本店でも近々入荷予定となっている。
 なお、エーオープンジャパンでは同ベアボーン購入者を対象とした「XC cube SilentSea オリジナルネームプレートキャンペーン」を実施している。2004年1月30日(金)までに申し込みを行うと応募者全員に、フロントパネルに装着可能なオリジナルネームプレートがもらえるという。詳細は、同社サイトで確認していただきたい。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ