このページの本文へ

“Prescott”を「AquaGizmo」で水冷に!“WiNDy AquaGizmo Campaign in AKIBA”が開催!

2004年02月07日 21時39分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「AquaGizmo」搭載
“Prescott”を「AquaGizmo」で水冷冷却

 星野金属工業(ソルダム)の水冷キット「AquaGizmo」のイベント“WiNDy AquaGizmo Campaign in AKIBA”が本日“Linux Cafe di PRONTO秋葉原店”で開催された。12時30分からと15時30分からの2回にわたって行われた同社広報担当“ドクキノコ田中”氏による「AquaGizmo」搭載PCの組み立て実演には、多数の人が訪れる盛況ぶりだった。



Extreme Edition 盛況ぶり
2回目の組み立て実演は、同社のキューブ型ベアボーンに「Pentium 4 Extreme Edition-3.2GHz」を搭載同社広報担当“ドクキノコ田中”氏による「AquaGizmo」搭載PCの組み立て実演には、多数の人が訪れる盛況ぶり
冷却中 Prescott
“Prescott”を「AquaGizmo」で冷却中発熱量の大きさが話題となっている“Prescott”だけに、まさに「AquaGizmo」にうってつけの組み合わせ

 まず1回目の組み立て実演で使用したのは、同社のATXケースに「AquaGizmo」を装着するというもの。加えて集まった人達の目を引いたのが、CPUに“Prescott”コアを搭載したPentium 4-3.0EGHzを使用していた点だ。発熱量の大きさが話題となっている“Prescott”だけに、まさに「AquaGizmo」にうってつけの組み合わせといえる実演となった。組み立て終了後、展示機としてそのまま設置されると、訪れた人達は興味深かそうにPC内部を覗き込んでいた。
 2回目となる組み立て実演は、同社のキューブ型ベアボーンを使用したもので、こちらはCPUにPentium 4 Extreme Edition-3.2GHzをチョイス。内部の狭いキューブケースでも、しっかりと「AquaGizmo」が装着され、快適に動作する様子が見られた。



抽選大会 KBなど
「Windy大抽選大会!」当然ながら会場内は“Windy”一色といったところ

 そのほか会場内には、同社の歴代PCケースが展示されていたほか、キューブ型PCの新モデルなども公開されていたりと、当然ながら“Windy”一色といったところ。入り口付近で行われていた「Windy大抽選大会!」も丁度取材中に1等賞が飛び出すなど、こちらも好評だったようだ。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ