このページの本文へ

FSB800+Dual Channel DDR400で1万円!“SiS 655FX”を搭載した初のマザーボードがGigabyteから!!

2003年10月08日 20時55分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
GA-8S655FX-L
“SiS 655FX”を搭載した初のマザーボード「GA-8S655FX-L」

 Pentium 4用チップセット“SiS 655”の後継チップ“SiS 655FX”を搭載した初のマザーボード「GA-8S655FX-L」がGigabyteから登場した。FSB800+Dual Channel DDR400という最新の仕様ながら、販売価格は1万円を切るというお買い得度の高い製品となっている。



SiS964 SiS 655FX/SiS964
South Bridge“SiS964”は標準でSerial ATA RAIDをサポートする搭載チップはどちらも初登場の製品だ

 今回が初登場となる“SiS 655FX”はFSB800、Dual Channel DDR400、Hyper-Threading、AGP8Xといった最新の機能をサポートしたSiSのPentium 4用チップセットだ。また組み合わされるSouth Bridge“SiS964”も今回が初登場となるチップで、標準でSerial ATA RAIDをサポートするのが特徴となっている。なお、North-South間は、従来通り1GB/秒の帯域幅を持つバス“MuTIOL”で結ばれる。
 ちなみにSiSでは“SiS 661FX”というチップセットも用意しているようだが、こちらはVGA機能を内蔵したFSB800、Single Channel DDR400という仕様となるようだ。



Dual Channel North Bridge
DDR400を4GBまで搭載可能なDDR DIMMが4本発熱はそれほどないのか、North Bridgeはヒートシンクのみのファンレス仕様だ

 「GA-8S655FX-L」の仕様は、拡張スロットはAGP×1、PCI×5、4GBまで搭載可能なDDR DIMMが4本という構成。オンボードインターフェイスには、“SiS964”によるSerial ATA RAID機能(RAID 0、1)が2ポート、Texas InstrumentチップによるIEEE1394のほか、どちらもRealtekチップによる10/100Baseイーサネットとサウンド機能を搭載している。
 価格は高速電脳で9800円、アークで9880円で販売中のほか、コムサテライト3号店では明日入荷予定としておりこちらは予価9780円となっている。コストパフォーマンスを優先するユーザーにとっては、注目の製品となるだろう。 



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ