このページの本文へ

Gigabyte製“SiS655”搭載マザーボード「GA-SINXP1394」が登場

2003年02月13日 22時41分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
GA-SINXP1394 HT
「GA-SINXP1394」Hyper-Threading機能はGA-8SQ800 Ultra同様独自にサポート
制限事項 VRM
今回もマニュアルに付属した用紙には、Hyper-Threading機能使用時の制限事項がある「GA-SINXP1394」はVRMカードが付属する上位モデル
型番 パッケージ
型番は「GA-8SQ800 Ultra2」からGA-SINXP1394に変更パッケージは同社製の“E7205”搭載マザーボード「GA-8INXP」の色違いのものを使用

 今までに何度かサンプル展示やデモを行っていたGigabyte製“SiS655”搭載マザーボード「GA-SINXP1394」がついに発売となった。同チップ搭載製品としてはやはりGigabyteから「GA-8SQ800 Ultra」とAOpen製「AX45-4D Max Lite」がすでに発売されている。

 先日行われたデモに使用された製品の型番は「GA-8SQ800 Ultra2」となっていたが、今回入荷された製品にはしっかりとGA-SINXP1394の型番が確認できる。詳しい仕様については関連記事に詳しいのでそちらを参考にしていただきたいが、Hyper-Threading機能はGA-8SQ800 Ultra同様独自にサポートしている。ただし今回もマニュアルに付属した用紙には、Hyper-Threading機能使用時の制限事項がある(キーボードやマウスから電源が入らなくなるなど)ので購入の際は注意したい。またPC3200(DDR400)もサポートする同製品だが、現時点ではGigabyteのサイトにリストは掲載されていない。価格はスーパーコムで2万1480円、高速電脳で2万1800円となっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ