このページの本文へ

“Lite”が消えて“Hyper-Threading”正式対応!“B0”ステッピングの“SiS655”搭載マザーボードがAOpenから!

2003年03月06日 21時39分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
AX45-4D Max

 AOpenから“Hyper-Threading”正式対応の“B0”ステッピングの“SiS655”搭載マザーボード「AX45-4D Max」が登場した。やはり同社からは先月“Hyper-Threading”に対応しない“A0”ステッピング“SiS655”を搭載した「AX45-4D Max Lite」が発売されているほか、“B0”ステッピングの製品としては先週Gigabyteから「GA-SINXP1394」「GA-8SQ800 Ultra」の2製品が発売されている。



型番
型番からは“Lite”の文字が消えて“Hyper-Threading”正式対応に
型番
AX45-4D Maxには特に“B0”ステッピングの製品を表す表記ものはない

 “B0”ステッピングの第一弾として発売されたGA-SINXP1394とGA-8SQ800 UltraのパッケージにはHyper-Threading”正式対応をうたうシールが貼られていたが、今回のAX45-4D Maxには特に“B0”ステッピングの製品を表す表記ものはない。仕様の方は先に発売されたAX45-4D Max Liteと変更点はないようだ。マニュアルによるとオーバークロック機能として、FSBが100~248MHzを1MHz刻みという記述が見られる。価格はZOA秋葉原本店で1万5400円で販売中のほか、近日入荷予定としてコムサテライト3号店で1万5555円、OVERTOPで1万5800円となっている。なお複数のショップによると来週には、“B0”ステッピングの“SiS655”搭載マザーボードASUSTeK「P4SDX」が入荷予定とのことだ。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ