このページの本文へ

【特別企画・WPC EXPO 2003】Zalman Techからケース全体がヒートシンクになった“怪物”ケースが近々登場!値段も怪物…

2003年09月17日 23時33分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
TNN500A(型番:ZM350-HSC1) 音響システムルーム
ケース全体がヒートシンクになったPCケース「TNN500A(型番:ZM350-HSC1)」静音性を実感してもらうべく防音仕様が施された“音響システムルーム”内でデモが行われている

 ビデオカードのファンレス化キットでお馴染みのZalman Techから、今度はケース全体がヒートシンクになったという完全ファンレス化が可能なPCケース「TNN500A(型番:ZM350-HSC1)」が登場予定のようだ。国内での販売代理店であるアスクのブースでは、来場者にその静音性を実感してもらうべく防音仕様が施された“音響システムルーム”内でデモが行われている。



内部 マザーボード
内部にはヒートパイプをふんだんに搭載した様は威圧感すらあるマザーボードもヒートパイプだらけだ

 ケース全体をヒートシンクとして使用した製品として、Hush Technologiesから「Hush Mini-ITX」がすでに発売されているが、こちらは完全ファンレスとはいえMini-ITXマザーボード専用の製品だった。今回のTNN500AはATX対応の製品で、搭載する電源も同社オリジナルの専用電源を使用、冷却用のファンは搭載していない。
 黒い筐体には材質の99%にアルミニウムを使用し、内部にはヒートパイプをふんだんに搭載した様は威圧感すらある。総重量も約21kgとまさに怪物級で、底面部にはキャスターが取り付けられている。



分解図 上から
組み込みにはある程度の知識は必要になりそうだファンを内蔵したマウス「ClicknJOY」のファンの方が目立つほど

 実際に“音響システムルーム”内で動作音を確認したところ、あらかじめ取り付けられているあの冷却ファンを内蔵したマウス「ClicknJOY」のファンの方が目立つほどで、静音性という意味ではかなりの高レベルといえる。
 たしかに静音性を重視するユーザーにとっては垂涎の製品といえそうだが、販売価格も怪物級。なんと約15万程度になるという。なお発売は今月末を予定しているが今回の「WPC EXPO 2003」が終わり次第、秋葉原のショップ(未定)でデモを予定しているということなので、近いうちに再びお目にかかれそうだ。



【“WPC EXPO 2003”関連記事】
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ