このページの本文へ

【特別企画・WPC EXPO 2003】台風の目となるか?! 各社製“RADEON 9100 IGP”搭載マザーがズラリ!

2003年09月17日 22時07分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ATIブース

 “WPC EXPO 2003”のパーツ関連で最も目立っていたのが先週末の「ASUS秋祭り」で公開された、“RADEON 9200”相当のグラフィックコアを統合したATIのPentium 4対応チップセット「RADEON 9100 IGP」。Powercolor、SapphireといったRADEON搭載カードではお馴染みのベンダに加え、MSI、GIGABYTE、Shuttleといった大手ベンダによる製品もお目見えした。早ければ今月末にも発売されるというPowercolor製品を初め、10月初旬には各社一斉に販売が開始されそうだ。



「RS3M」 「7003V」 「MT63」
MSIブースの同社製「RS3M」ATIブースの「7003V」。「RS3M」よりDIMMスロットが多くOEM供給用とのことShuttle製「MT63」。
「FT61」 「P4M-RS300」 「GA-8TRS300M」
同じくShuttle製の「FT61」。キューブ型ベアボーンPCへの採用が予想される注目のモデルだFIC製「P4M-RS300」。Gigabyteも参入。「GA-8TRS300M」。
「P4R800-V」 Powercolor製品

「AXION 9100IGP」 パッケージも完成
RADEONカードでお馴染みのSapphireからは「AXION 9100IGP」が発売こちらはパッケージも完成しており、動作デモが行われている
ATX MicroATX
ATXフォームファクタモデル先行発売されると思われるMicroATXフォームファクタモデル

「R6 RAVENSHIELD」のデモ MSIブースの「3DMark 2003」デモ
ハードな3Dゲームもこなす統合チップセットということで、ATIブースでは「R6 RAVENSHIELD」のデモが。MSIブースの「3DMark 2003」デモ。「FFBench」では3000オーバーのスコアを出すとのこと
【“WPC EXPO 2003”関連記事】
【関連記事】
【取材協力】 【“WPC EXPO 2003”関連記事】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ