このページの本文へ

Zalman製ヒートシンク採用の“RADEON 9600Pro”搭載ファンレスビデオカードが発売!

2003年08月20日 22時48分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「ULTIMATE RADEON 9600 Pro」 裏側
「ULTIMATE RADEON 9600 Pro」ヒートシンクは小ぶり
厚さ メモリ
カード自体の厚さもさほど気にならない程度メモリはSAMSUNG製DDR128MBを搭載

 もはやお馴染みとなったZalman製ヒートシンクを装備した、SapphireのRADEON搭載ファンレスビデオカード。本日新た“RADEON 9600Pro”を搭載した「ULTIMATE RADEON 9600 Pro」が発売された。当然、今までの“RADEON 9800Pro”搭載シリーズよりも価格が2万7470~2万8750円とかなり下がり、購入も現実的に検討できるようになった。

 黒いカード本体には、先に発売された「ULTIMATE RADEON 9800 Pro」よりもかなり小さいヒートシンクを両面に装備。2つのヒートシンクは1本のヒートパイプで接続されている。ヒートシンクは小ぶりなために、カード自体の厚さもさほど気にならない程度に収まっている。
 メモリはSAMSUNG製DDR128MBを搭載、インターフェイスはVGA、DVI、TV-OUTとなっている。「ULTIMATE RADEON 9600 Pro」の256MB版が7万5000円前後、128MB版が約6万という価格で販売されていることを考えると、今回の製品は“RADEON 9600Pro”搭載とはいえ人気の製品となりそうだ。ただし流通量は少なめなので、注意したい。価格はクレバリー1号店で2万7470円、OVERTOPで2万7620円、コムサテライト3号店で2万7800円、スーパーコムサテライトで2万8750円となっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ