このページの本文へ

メルコ、有線LAN機器をIEEE 802.11g無線LAN対応にするメディアコンバーター『WLI-TX1-G54』を発売

2003年09月03日 21時54分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)メルコは3日、“BUFFALO”ブランドの周辺機器として、IEEE 802.11g対応の無線LANメディアコンバーター『WLI-TX1-G54』を発売すると発表した。9月上旬出荷予定で、価格は1万1800円。

『WLI-TX1-G54』『WLI-TX1-G54』

『WLI-TX1-G54』は、2.4GHz帯を利用する54Mbpsの無線LAN規格“IEEE 802.11g”に対応したメディアコンバーターで、Ethernet対応の有線LANポートを装備するパソコンや周辺機器、デジタル家電などを無線LANに対応させるための製品。無線LANパケットを連続送信することで高速化する独自の機能“フレームバースト”を搭載しており、セキュリティー機能は、128bit/64bit WEPをサポートする。アクセス方式はインフラストラクチャー/アドホックモードに対応。設定は、付属のユーティリティーソフト『イーサネットコンバータマネージャ』(対応OSはWindows XP/Me/2000/98/95/NT 4.0)で行なえるほか、Mac OS/Mac OS XやLinuxではウェブブラウザーを利用して設定可能。プレイステーション2専用のブロードバンド接続ユニット『PlayStation BB Unit』に対応しており、Ethernetポートを装備する地上波デジタル対応TVにも対応する予定という。

インターフェースはAuto MDI/MDI-X対応の10/100BASE-TX×1。電源はAC100Vで、消費電力は最大4.1W。本体サイズは幅154×奥行き92×高さ56mm、重量は141g。ダイバーシティーアンテナを内蔵し、オプションの通信状態を向上できる外部アンテナ『WLE-DA』『WLE-NDR』を利用することもできる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン