このページの本文へ

メルコ、IEEE 802.11a/b/g対応のデュアルバンドアクセスポイント『WLM2-A54G54』を発売

2003年05月30日 22時17分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)メルコは30日、“BUFFALO”ブランドの法人向け無線LAN製品“AirStationPro Plusシリーズ”の新製品として、IEEE 802.11a/b/gに対応したインテリジェントアクセスポイント『WLM2-A54G54』と、CardBus用のIEEE 802.11a/b/g対応無線LAN PCカード『WLI-CB-AG54』を発売すると発表した。価格は『WLM2-A54G54』が8万8000円、『WLI-CB-AG54』が9800円。7月下旬に出荷の予定。

『WLM2-A54G54』
『WLM2-A54G54』

『WLM2-A54G54』は、IEEE 802.11a/b/gの3種類の無線LAN規格に準拠し、相互通信にも対応した無線LANアクセスポイント。IEEE 802.11aで最大4チャネル、IEEE 802.11gで最大3チャネルの独立した設定が行なえる。管理/セキュリティー(認証)機能は、SNMP、RADIUS、IEEE 802.1x/EAP(MD5/TLS/TTLS)、128bit/64bit WEPに対応し、今後PEAP、WPA、AESにも対応する予定。接続されたパソコン同士での通信を禁止する“プライバシーセパレータ”も利用できる。電波出力制限機能(802.11g/11a)を搭載するほか、アクセスポイント間通信やリピーター機能にも対応。冗長構成が可能なSpanning TreeやLink Integrityに対応する。有線LANインターフェースは10/100BASE-TX×1を装備する。電源はAC100V。PoE(Power over Ethernet)対応でLANケーブル経由の電源供給も可能。本体サイズは幅195×奥行き46×高さ169mm。壁面への取り付けも可能で、取り付け用金具とネジが付属する。

『WLI-CB-AG54』は、IEEE 802.11a/b/gの3種類の規格に対応した無線LAN PCカードで、CardBusに対応する。セキュリティー機能は、IEEE 802.1x/EAP(MD5/TLS/TTLS)に対応し、PEAP、AES、WPAにも対応する予定という。本体にダイバーシティーアンテナを内蔵する。対応機種はCardBus搭載したモデル。対応OSは、Windows XP/Me/2000/98 SE。IEEE 802.1x/EAP認証サプリカントソフト『AirSupplicant』が付属する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン