このページの本文へ

AOpenからも“KT600”マザー!サウスは“VT8235”で1万円割れ!

2003年07月17日 22時14分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「AK77-600N」 電源コネクタ
「AK77-600N」所々に派手なカラーリングを使用している

 “KT600”搭載マザーボードのラインナップが序々に増えてきているが、今日はAOpenから「AK77-600N」が発売となった。South bridgeには、Serial ATA機能に対応しない従来の“VT8235”を採用しているが、似たような仕様のGigabyte「GA-7VT600-L」と同じく、価格は安くなっている。



空きパターン 新パッケージ
空きパターンが確認できるので、上位モデルが用意されているのかもしれないパッケージはすでに発売された「AX4CMaxII(右)」と同じようなデザイン

 オンボードインターフェイスは、どちらもRealtek製チップによるサウンドと10/100Baseイーサネット機能のみとシンプルだ。基板上には、Serial ATAチップ用やその他の空きパターンが確認できるので、上位モデルが用意されているのかもしれない。しかしSouth bridge周辺には、Serial ATAコネクタのパターンは確認できないので“VT8237”を採用したモデルは、また別の基板を使用すると思われる。そのほか拡張スロットはAGP×1、PCI×6、CNR×1、DIMM×3という構成。ATX電源用コネクタは赤い色、PCIスロットは黄色など目立つカラーリングを施している点も特徴だ。
 またマニュアルには、FSBが100~250MHzを1MHz刻みで、コア電圧が1.1~1.85vを0.05刻みで設定できるほか、メモリ電圧が2.5~2.8Vの間で変更可能という記述も見える。価格はスーパーコムサテライトで9450円、TSUKUMOeX.で9979円となっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ