このページの本文へ

AOpenからも“Hyper-Threading”対応“SiS648”マザー「AX45H-8X Max」が登場!

2003年03月25日 21時13分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
AX45H-8X Max “Hyper-Threading”対応
「AX45H-8X Max」。、“Hyper-Threading”対応の“SiS648”マザーだ

 Gigabyte「GA-8SG800」ASUSTeK「P4S8X-X」に続き、“Hyper-Threading”対応をうたう“SiS648”マザー「AX45H-8X Max」がAOpenから発売された。



本体 PC3200(DDR400)DDR SDRAMに独自対応
基板自体は「AX45-8X Max」とほとんど変わらないように見える

 製品を見る限り、基板レイアウト自体は昨年10月に発売された「AX45-8X Max」とほとんど同じものとなっており、チップセットを“Hyper-Threading”に対応した“B”ステッピングへ更新したのみと見られる。拡張スロットはAGP(8X対応)×1、PCI×5、CNR×1、DIMM×3。“SiS648”が公式に対応するのはPC2700(DDR333)DDR SDRAMまでだが、この製品の場合AOpenが独自にPC3200(DDR400)DDR SDRAMへの対応をうたっている。
 Realtek製“RTL8100BL”チップによるイーサネット機能、5.1チャンネルサウンド機能のほか、IEEE1394がオンボード。価格はコムサテライト3号店で1万2000円となっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ