このページの本文へ

AOpenからもようやくSiS648マザー「AX45-8X Max」が!

2002年10月11日 23時47分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「AX45-8X Max」
「AX45-8X Max」

 AOpenからSiS648マザーボード「AX45-8X Max」が登場した。今までにSiS648マザーボードはASUSTeKやAbit、MSIなどから販売されている。FSB533MHzおよびPC2700(DDR333)に対応し、拡張スロットはAGP(8×)×1、PCIスロット×5、DDR DIMMスロット×3。オンボードでRealtek製“ALC650”を搭載しているほか、IEEE1394、EthernetコントローラにはRealtek製“RTL8100BL”10BASE-T/100BASE-TXを搭載している。



コネクタ LAN
コネクタRTL8100BL
マニュアル
FSBクロックの設定

 付属の日本語マニュアルによると、FSB設定クロックは100~248MHzの間で1MHz刻みで変更でき、CPUコア電圧は1.10~1.850Vの間で設定できるとしている。またGigabyteなど一部メーカーがPC3200(DDR400)を独自にサポートしているが、AX45-8X Maxにおいては設定が用意されているもののサポートは今のところないとの用紙が同梱されている。価格は、OVERTOPで1万1800円、コムサテライト2号店とZOAで1万1980円、コムサテライト3号店で1万2780円、T-ZONE.PC DIY SHOPで1万2800円。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ