このページの本文へ

前面CFスロット装備!ASUSTeKのミニタワーベアボーン「Terminator」にFSB533MHz対応版が登場

2002年08月31日 22時29分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Terminator P4/533 P4SC-E

 ASUSTeKのミニタワー型ベアボーンPC「Terminator」に、FSB533MHzに対応した「Terminator P4/533」が登場した。「Terminator P4」に対し、マザーボードはチップセットに“SiS651”を採用した同社製「P4SC-E」に変更。この型番のマザーボードは「Terminator」シリーズ専用設計と見られ、単体では未発売。“SiS651”は“SiS650”の上位バージョンで新たにFSB533MHz/PC2700(DDR333)/USB2.0に対応したものだ。



9cm角排気ファン 前面CFスロット

 アイボリー/ブルーのケースデザインは「Terminator P4」と変わらず、ドライブベイ部分が回転して引き出せるフレーム構造も「Terminator」シリーズではもうお馴染みだろう。拡張スロットはPCI×2、DIMM×2、ドライブベイは5インチ×2、3.5インチ×1、3.5インチシャドウベイ×1。ケース前面にサウンドIn/Out、USB×2のほかコンパクトフラッシュ(CF)スロットをそなえているのは便利といえよう。背面に9cm角の排気ファンを標準装備し、電源容量は165Wとなっている。FDDドライブ、CPUクーラーが付属して価格はコムサテライト2号店と2万4800円、同3号店で2万4780円。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ