このページの本文へ

これだけ読めば大丈夫 ~ 今週のニュースランキング(6月8日号)『廃棄パソコンの環境対策に新ソリューション』

2002年06月09日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

トップになったのは『富士通、自然に還るパソコンを2004年に発売――原料はトウモロコシ』。廃棄パソコンは、企業ではリース終了など大量に発生する場合が多いが、パソコンからは環境に影響を与える材料が多く使われているため、廃棄のための費用はもちろん企業の環境対策として大きな問題となっている。パソコンメーカー各社はこれまで、使用するプラスチックの種類を減らす、リサイクルしやすい材料を使う、環境に影響を与える鉛を使わないハンダを使うなどといった方策をとってきた。これに対し、今回富士通と(株)富士通研究所が開発したプラスチックは、燃やしても有害ガスを発生せず、土に埋めれば水と炭酸ガスに分解されるうえ、製造に必要なエネルギーもABS樹脂などの半分ですむというものだ。環境対策への新しい取り組みとして、製品化が待たれる。

また、前回も3位となった『米トランスメタ、新CEO来日記者会見で日本市場重視戦略を表明、日本語サイトも開設』が今回も4位にランクイン。トランスメタがCrusoe向きのハードウェアと期待しているのが、米マイクロソフト社が年内に発表予定という“Windows XP Tablet Edition”が動作する“Tablet PC”だ。このTablet PCは、先週行なわれた“Computex Taipei”でも試作機が多く登場しており、登場が近いことが予測される。米マイクロソフトはWindows XP Tablet Editionをコンシューマー向けより企業向けとして位置づけると考えられ、.NET Serverと連携した“.NET端末”としての役割を果たすものと思われる。米マイクロソフトの.NET戦略の一端を担うものとして、しばらく目が離せないものになるだろう。

ASCII24 Business Centerランキング(2002年6月1日~6月8日)

ASCII24 Business Center

ランク 先週 掲載日 タイトル
1 - 06月05日 富士通、自然に還るパソコンを2004年に発売――原料はトウモロコシ
2 - 06月05日 NTTドコモ、FOMA対応端末『FOMA P2002』を発売
3 - 06月05日 デル、家庭内ネットワーク構築サービスを開始
4 3 05月30日 米トランスメタ、新CEO来日記者会見で日本市場重視戦略を表明、日本語サイトも開設
5 - 06月03日 ハイウエスト・ブレインネット、多機能ブロードバンドルーターとブリッジ機能搭載の無線LANアクセスポイントを発売
6 - 06月03日 エレコム、UPnP対応ブロードバンドルーター『LD-BBR4L2』など2製品を発売
7 - 05月30日 NTT-ME、室内を携帯電話やパソコンから映像で確認できる“WEBカメラサービス”を販売
8 - 06月03日 翼システム、帳票設計ツールの最新版『SVF ver.6』などを出荷
9 - 05月30日 日立、液晶ディスプレー搭載Pentium 4デスクトップなど企業向けパソコン“FLORA”のラインアップを一新
10 - 06月05日 日立、電子行政対応の文書管理コンサルテーションサービスを提供

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ