このページの本文へ

NTT-ME、室内を携帯電話やパソコンから映像で確認できる“WEBカメラサービス”を販売

2002年05月30日 15時24分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)エヌ・ティ・ティ エムイーは29日、同社が運営するマンション向けブロードバンドインターネットサービス“WAKWAKピアル”において、マンションの室内に設置したウェブカメラの映像を、インターネット経由で携帯電話やパソコンから動画や静止画で確認できる“WAKWAKピアルWEBカメラサービス”を6月3日から提供すると発表した。料金は月額950円。併せて、WAKWAKピアル会員向けオンラインショップ“WAKWAKピアルMercado~掘り出し市場~”で、同サービスに対応したウェブカメラ“パナソニックKX-HCMシリーズ”の販売を開始する。価格は4万6800~9万9800円(会員特別割引価格で提供)。

システム構成図
システム構成図

WEBカメラサービスは、WAKWAKピアルや都市基盤整備公団(以下都市公団)の新規賃貸住宅向けブロードバンドインターネットサービス“WAKWAKピアル(BB-EAST)”の会員を対象に、ウェブカメラ専用のグローバルIPアドレスを1個付与し、パーソナルドメイン名(URL名は***.camera.pial.jp)でのアクセスを可能とするサービス。可動式のウェブカメラを使用すれば、カメラアングルの遠隔操作も可能。ペット同居型マンションではペットの様子を、一般のマンションでも幼児や高齢者の様子を確認するのに利用できるという。

都市公団のペット共生賃貸住宅『潮見駅前プラザ一番街』(東京都江東区、145世帯)へのサービス提供を皮切りに、都市公団の一般賃貸住宅『幕張ベイタウンパティオス20番街』(千葉県千葉市、100世帯)の現地モデルルームでも、6月1日からデモンストレーションを実施する。

さらに同社は、ペット同居型マンションを販売するアドホック(株)と提携し、アドホックが運営を開始するペットケアショップ『CAFE DE PETSPA(カフェ ド ペットスパ)』駒沢店内のペットホテルへの同サービスの提供を7月20日に開始する。

対応ウェブカメラは、『パナソニックKX-HCM1』(パソコンのみ対応で、7月以降携帯電話にも対応)、『パナソニックKX-HCM2』(同)、『パナソニックKX-HCM130』(パソコンと携帯電話に対応)、『パナソニックKX-HCM170』(同)。KX-HCM2以外の3モデルは可動式カメラ。販売元は松下電器産業(株)で、製造元は九州松下電器(株)。

動作確認済みの携帯電話は、(株)エヌ・ティ・ティドコモの『P210V』『N2001』『N2002』『P503i』『P503iS』『N503i』『P211I』、『N211I』、『S0211i』、 ケイディーディーアイ(株)(au)の『C3001H』『C3002K』『C5001T』 J-フォングループの『J-SH06』『J-SH07』『J-SH08』。

パソコンの対応OSは、Windows 95/98/Me/NT/XP。対応ブラウザーはInternet Explorer 5.0以降と、Netscape Navigator Ver4.7以降(Ver6.Xは動作しない)。対応CPUはPentiumII-300MHz以上。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン