このページの本文へ

圧倒的人気のGeForce4 Ti4200カードに今週も新製品が続々、Leadtek製品はバンドルソフト拡充

2002年05月24日 23時54分更新

文● 小磯

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 “最先端の3D性能が2万円台で手に入る”という評判から、価格対効果を重視するユーザーによって圧倒的な人気となっているGeForce4 Ti4200搭載ビデオカード。そんな需要の高まりに応えて、今週も各社から新製品が登場してきている。

Leadtekからはゴツいクーラーと豊富なバンドルソフトが目を引くカード

WinFast A250LE TD
裏面
「WinFast A250LE TD」

 すっかり一流ブランドの雰囲気が板についてきたLeadtek(Leadtek Research)から登場したのは「WinFast A250LE TD」。上位モデルが採用する超大型ツインファンチップクーラー「BiTurbo Cooling System」とはファンの数からして異なるものの、それでも十二分に巨大な、ビデオコアとメモリを同時に冷却するクーラーが装着されているのが最大の特徴だ。これにより、気になるメモリチップがどの程度のクロックまでサポートしているのかは分からなくなっている。ただし、VRAM容量が64MBであること、そしてLeadtekによるデータにあるメモリ帯域幅からするとメモリクロックは250MHz(DDR 500MHz)となっており、となるとおそらくコアクロックも250MHzだろう。



Leadtekロゴマーク
パッケージでは、Nvidiaのロゴの隣にLeadtekのロゴが並ぶようになった
Rogue Spear -Black Thorn-

 また、最近の流行に乗ってか、これまでバンドルしていたソフトDVDプレーヤ「WinFast DVD」と3Dゲームタイトル「Gunlok」「Dronez」に加えて、今回新たにFPS(3D一人称シューティング)「Tom Clancy's Rainbow Six: Rogue Spear -Black Thorn-」、3Dシューティング「Aquanox」、3Dラリー「Master Rallye」の3ゲームタイトルの完全版を同梱。さらに体験版CD-ROMも付属しており、しばらくは別途ゲームを購入しなくても楽しめそう。最近は同梱ゲームタイトルの多いものが人気を集める傾向にあり、週末は争奪戦となるかもしれない。なおインターフェイスはD-Sub15ピン、ビデオ出力、DVI-Iで、DVI→D-Sub15ピン変換アダプタを同梱する。



同梱品 販売中
同梱品。DVI→D-Sub15ピン変換アダプタは標準的なものより若干大きめ販売中のもよう

ProlinkのGeForce4 Ti4200カードにメモリ128MB版
ビデオ入力に対応

PixelView GeForce4 Ti4200
メモリチップ
「PixelView GeForce4 Ti4200」と搭載するVRAM

 先に登場したVRAM容量64MBモデルが初のGeForce4 Ti4200カードとなったProlinkからは今回VRAM容量128MBモデル「PixelView GeForce4 Ti4200」(型番:MVGA-NVG25GA/DVI)が登場。コアクロックは250MHzながら、メモリクロックが222MHz(DDR 444MHz)に引き下げられている。この仕様はあくまでProlinkによるものだが、Prolink製のGeForceファミリ搭載カードは、同社による特別な名称が与えられない限りはNvidiaリファレンスどおりの動作クロックとなっているため、VRAM容量128MBモデルはリファレンスの段階でメモリクロックが引き下げられていると考えるのが妥当だろう。ただし今回登場した製品が搭載するメモリは最高250MHz動作をサポートするため、VRAM容量64MBモデルと同じレベルまでオーバークロックできる可能性はある。



同梱ソフト一覧
同梱ソフト一覧

 インターフェイスはD-Sub15ピンとビデオ、DVI-I。ビデオ端子は出入力をサポートしており、ソフトDVDプレーヤ「WinDVD」とFPS「Serious Sam」のほか、ビデオ編集ソフト「PowerDirector 2.0 Pro ME」を同梱する。価格は若干高めだが、ビデオキャプチャまで考えているなら十分選択肢となりそうだ。



パッケージ
パッケージはVRAM容量64MBモデルと同様。これも物議を醸しそうだ

玄人志向からはVRAM128MB搭載のPalitOEM品、メモリクロックは200MHz以下!?

GF4TI4200-AGP128C

 玄人志向からは、徹底して安価な製品を供給し続けるPalitのOEM品が「GF4TI4200-AGP128C」が登場。金粉をまぶしたかのような基板の上に装飾のないアルミのヒートシンクが異彩を放つ製品だが、メモリクロックはそれ以上に異彩を放っており、128MBのVRAMは最高200MHzまでしか対応していない。上で紹介したProlink製品がリファレンスどおりの仕様であるなら、GF4TI4200-AGP128Cはリファレンス以下のスペックを持つなかなかの問題作となるかもしれない。インターフェイスはD-Sub15ピン、ビデオ出力、DVI-I。



K4D28163HD-TC50
問題の(?)VRAMチップ。5ns品だ
24日現在の価格情報
価格ショップ
Leadtek WinFast A250LE TD
\23,500コムサテライト3号店
\23,580コムサテライト2号店
\24,800OVERTOP
\25,799TSUKUMO eX.
\25,800BLESS 秋葉原本店
Prolink PixelView GeForce4 Ti4200
\25,800OVERTOP
USER'S SIDE本店
\26,400コムサテライト2号店
\26,780コムサテライト3号店
\26,800高速電脳
\27,799TSUKUMO eX.
玄人志向 GF4TI4200-AGP128C
\22,980コムサテライト3号店
\23,800コムサテライト2号店
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ