このページの本文へ

Zalmanからさまざまな取り付け穴に対応できるチップセット用ヒートシンクが発売

2002年05月09日 22時19分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ZM-NB32J

 扇型CPUクーラー薄い板を重ねたビデオチップヒートシンクなど、ユニークな形状の熱対策製品でお馴染みの韓国Zalman Techから、チップセット用ヒートシンク「ZM-NB32J」が発売される。



剣山型
裏面の溝に秘密が

 ヒートシンク自体はごく普通の剣山型でアルミ製、サイズは37(W)×37(D)×32(H)mm。特徴はその取り付け金具で、底面両サイドの溝に六角ナットとネジで小さな金具を固定し、それを介してスプリング付きのプラスチックピンでマザーボードの穴に固定するというもの。ネジを緩めれば金具の位置と角度は自由に変えることができる。CPUクーラーとは違い、チップセット周辺にあるヒートシンク固定用の穴の位置は製品によって異なる場合があるが、これならさまざまなサイズの取り付け穴に対応可能というわけだ。



溝で六角ナットを固定 取り付けるとこういう感じ
独特の取り付け金具。ネジも金具も細かいので組み立てはやや大変だが、どんな取り付け穴にも対応できる
普通のグリスも付属してます
2液混合接着グリスが付属。普通のシリコングリスも付属するがお買い得なサービス品ではある

 入荷したのはCUSTOM。販売は明日10日(金)からの予定で、予価は1280円となっている。2液混合型の接着グリス「ZM-GL001」が付属しての価格であり、それを考えればお買い得かもしれない。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ