このページの本文へ

ついに発売!韓国Zalman社から第2弾の放射状フィン搭載CPUクーラー

2001年05月25日 02時35分更新

文● 小板

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
クーラー外観

 Zalman TechのユニークなCPUクーラー「CNPS5000-Plus」が、複数のショップで販売になっている。このCPUクーラーは、一見すると随分ゴツく、製品全体がまるで何かのモーターのような印象だ。



ヒートシンク

 特徴的なのはヒートシンクで、これまでにない形状。裏返して見るとわかるのだが、薄いフィンが何枚も中央から放射状に伸びている。同社は扇型のヒートシンクでも、似たようなヒートシンク形状を採用しており、どうやらこの形で他社と差別化を計っていく戦略のようだ。



マニュアル記載の装着方法

 ヒートシンク自体は黒いプラスチックカバーで覆われており、サイドにマザー取り付け用のネジ穴が8つあいている。この穴を利用し、マザーボードの穴とクーラー全体を固定する。マニュアルによるとAthlon用は内側、Pentium 4は外側の穴を利用するとある。



同梱品

 ファンは高さ25mmで60cm角のボールベアリング(2ボールベアリングかどうかは不明)。同梱品として注射器タイプの容器に入ったグリス、ネジのほかにNoiseless Connector RC100(60mm)とNoiseless Connector RC56(90mm)といった2種類の抵抗つきケーブルが入っており、これを使うことでファンの回転数を通常の5600回転から3200回転、2000回転に低減することができるようだ。

 5月12日の記事で紹介した同社の製品は「CNPS5000」で、この製品がアキバで販売されると思われたが、今回取材できたものの型番はCNP5000-Plus。ホームページを見る限りでは、両者の違いはNoiseless Connector RC100(60mm)が入っているかどうかの違い。おそらく、ほとんどのショップでCNP5000-Plusが入荷していると思われる。
 販売店と価格は以下の通り。


価格 ショップ
\4,800 高速電脳
\5,980 OVERTOP
クレバリー1号店、3号店
\6,200 コムサテライト2号店、3号店

【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ