このページの本文へ

日本オリジナルモデルのチップセット用クーラー「DragonFly」の発売が始まる!

2006年05月17日 20時56分更新

文● 美和

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 以前も紹介したXINRUILIANのCPUクーラーブランドである“X-Cooler”製のNorth Bridge用クーラー「DragonFly」の発売が始まった。ヒートパイプで支えられているヒートシンク部に40mm角のファンが搭載している製品で、取り付け時に他のパーツとの干渉を防ぐようにヒートシンクの位置を調整できるのが特徴だ。

パッケージ
XINRUILIANのCPUクーラーブランドである“X-Cooler”製のNorth Bridge用クーラー「DragonFly」
本体
ヒートパイプで支えられているヒートシンク部に40mm角のファンを搭載している製品で、取り付け時に他のパーツとの干渉を防ぐようにヒートシンクの位置を調整できるのが特徴

 この製品はXINRUILIAN、長尾製作所、ディラックの3社で設計したオリジナルモデル。40mm角のファン回転数は4300rpm、騒音値は21dBとなっており、軸受けはミネベア製の2ボールベアリングを使用している。ベース部分は82×67mmの銅製でニッケルメッキ処理を施しており、そこから直径6mmのヒートパイプ1本がフィンに接続。ヒートシンクの位置を調整するにはベース部分の四隅に用意されているネジを緩めることで可能だ。製品にはサーマルグリスや取りつけネジセットが付属。本日より秋葉原の各ショップで販売が開始されており、価格はスリートップ2号店で3520円、BLESS秋葉原本店で3780円、高速電脳とTWOTOP秋葉原本店、フェイス、TSUKUMO eX.の4店舗で3980円となっている。

下から 使用例
40mm角のファン回転数は4300rpm、騒音値は21dBとなっており、軸受けはミネベア製の2ボールベアリングを使用。電源コネクタは3ピンポップで紹介されている使用例。ヒートシンクの位置を調整できるので、コンデンサなどに干渉しにくい
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ