このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

【スクープ】これが「Windows XP」だ!? ~ 噂のシリーズまたしても続行

2001年02月07日 11時59分更新

文● 深見 俊介

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

米国Microsoftは2月5日、Windows 2000後継OS(開発コード名「Windows Whistler」)を「Windows XP」と呼び、次期Office(開発コード名「Office 10」)を「Office XP」と呼ぶことを正式に発表した。この発表については、「【緊急速報】次期Windowsの正式名称は「Windows XP」! ~噂のシリーズ、遂に決着」でお知らせした。

Windows XPとOffice XPは、2001年中に出荷される予定だが、特にOffice XPの開発は順調に進み、ベータ版は、ベータ2(Build 2202)の配布以降、リリース候補版である「Release Candidate Rrefresh(Build 2317)」まで進んでいると言われているので、今年半ばにも登場するだろう。

  • お待たせしました! 噂の「10」です ~ Office 2002(開発コードOffice 10)の新機能を探る

問題のWindows XPだが、PersonalとProfessionalが年内、各種Serverはその数ヶ月後に出荷される予定だ。そして、Windows XPのベータ2は、2月中にテスター向けに配布が行なわれる予定と言われている。私が確認した最新のベータ版は「Beta 2 Release Candidate 3(Build 2419)」であるが、ベータ2で、大幅にGUIの変更が行なわれるのではないかと言われている。

Whitsrer画面
Windows XP(開発コード「Windows Whistler」Professional)Build 2416のデスクトップ。Internet Explorer 6.0やMedia Player 8.0、DirectX 8.0、MSN Explorerを標準搭載。スタートメニューのデザインが変更され、現在のデザインと切り換えて使用可能。

その他、Windows XP標準搭載予定の「Internet Explorer 6」の開発も順調で、Windows XPに搭載のビルドは「Build 2419」が確認されている。Internet Explorer 6は、単体でのリリースが行なわれないのではないかと噂されていたが、単体でのベータ1の配布も行なわれている。このベータ1の最新ビルドは「Build 2403」を確認している。このビルドは、インターネットに流出して騒がれたものだ。

6.0画面
Internet Explorer 6.0(Build 2401)。左側のペインでは、MSNBCのニュースバーとWindowsMedia.comから音楽を再生している。1枚のウィンドウの中で、複数のURLからの情報を表示可能になるところが大きな特徴と言える。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン