このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

2009年の流行色でキメる「FMV-BIBLO S/C50N」

インテルCPUで10万円のおしゃれノート (3/3)

2009年02月25日 12時00分更新

文● 橋本 優/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
薄型テレビに画面を表示

14.1型ワイドの画面でも作業スペースは十分だが、家の薄型テレビにHDMIで接続すればさらに大画面、高解像度で表示できる

10万円でも侮れないマシンスペック

 冒頭でも少し触れたが、本体価格は安くても性能に妥協はない。CPUは「モバイル インテル Core 2 Duo P8400」(2.26GHz)搭載。FSBが従来の800MHzから1066MHzに向上しているほか、TDPは35Wから25Wに低下している。性能が向上しているが、消費電力が少なくエコに優しいマシンになっている。

「インテル Core 2 Duo」のマークが目印!!

「インテル Core 2 Duo」のマークが目印!!

 また、チップセットは「モバイル インテル GM45 Express」を採用し、メインメモリーは高速なDDR3 SDRAMを搭載。GM45 Expressの内蔵グラフィックスは「モバイル インテル グラフィックス・メディア・アクセラレーター 4500MHD」で、フルHDビデオの再生支援機能を搭載している。

本体前面には無線LANのオン/オフスイッチとSDメモリカード、メモリースティック対応のカードリーダー、音声入出力を搭載する

本体前面には無線LANのオン/オフスイッチとSDメモリカード、メモリースティック対応のカードリーダー、音声入出力を搭載する

左側面(上)にはUSB 2.0、HDMI、IEEE 1394、アナログRGBといった端子とExpress Cardスロットを搭載。右側面(下)にはUSB 2.0×2とEthernet、ACアダプター用端子とDVDスーパーマルチドライブを搭載

左側面(上)にはUSB 2.0、HDMI、IEEE 1394、アナログRGBといった端子とExpress Cardスロットを搭載。右側面(下)にはUSB 2.0×2とEthernet、ACアダプター用端子とDVDスーパーマルチドライブを搭載

 さらにFMV-BIBLO S/C50NはHDMI端子を搭載。例えばハイビジョンビデオカメラの映像(AVCHD)を取り込んで編集し、大画面テレビなどに映像を表示する、という使い方もできる。 上述の動画再生支援により、フルハイビジョンの映像でもCPUに大きな負荷をかけることなく再生可能だ。

「テレビ出力ユーティリティー」

「テレビ出力ユーティリティー」の起動画面

 薄型テレビへの画面出力は解像度の設定などがなかなか面倒だが、FMV-BIBLO S/C50Nは初期導入されている「テレビ出力ユーティリティー」により、ワンクリックで最適な設定で表示してくれる。テレビ側の設定(ドット・バイ・ドット表示モードにするなど)が必要だが、PC側の設定は省ける。


持ち歩くメインマシンとして活用したい

 重量は約2.5kgなので、持ち歩くにはやや重いかもしれない。しかし、14.1型ワイド(1280×800ドット)の画面サイズと不足のないマシンパワー、光ドライブ内蔵などこれ1台でほとんどの作業をこなせる。家でも会社でも外出先でも、同じパソコンで仕事をしたい方にはおススメだ。



前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
富士通
【300*80】 ascii 富士通 WEB MART 個人
  • 富士通
  • 富士通

製品ラインアップ

ノートブックパソコン/タブレット

  • 富士通 FMV LIFEBOOK NH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK TH
  • 富士通 FMV LIFEBOOK UH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK CH
  • 富士通 arrows Tab QH

デスクトップパソコン

  • 富士通
  • 富士通

その他の注目商品

  • 富士通