このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

西田 宗千佳のBeyond the Mobile第4回

華より実──プレミアムモバイル「LOOX R」が究めた上質とは

2008年06月26日 11時00分更新

文● 西田 宗千佳

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 最近、ノートPCと言えば低価格ノートばかりが注目されがちだが、現時点においては、国内のモバイルノート市場の中心は「プレミアム」モデルにある。

 しっかり仕事に使えることを前提に、「高価ではあるがCPU性能やバッテリー持続時間に十分な性能を備え、それでいて軽量」という製品だ。大きなシェアを持つLet's noteシリーズや、本連載の第1回で採り上げたNECの「LaVie J LJ750/MH」(関連記事)などがこのカテゴリーに入る。

FMV-BIBLO LOOX R/A70
LOOXシリーズの中でも、パフォーマンスとモビリティーの両立を目指した「FMV-BIBLO LOOX R/A70」

 今回紹介する「FMV-BIBLO LOOX R/A70」(以下LOOX R)も、そんなカテゴリーの1台だ。富士通が「プレミアムモバイル」と名付けるこのノート。同カテゴリーのライバルに比べ、どういった魅力をもっているのだろうか。


一見フツーだが「カラバリ」で化ける
6種の天板から選択可能

 富士通のLOOXシリーズは、現在3モデルが存在する。ひとつは、いわゆるUMPCである小型モデルの「LOOX U」。もうひとつは、タブレットPCである「LOOX P」。そして、メインストリームのモバイルノートPCであるのが、今回試用する「LOOX R」シリーズである。

 サイズで言えば、LOOX Rは「12インチワイドモバイルノート」の典型例といえる。光学ドライブ内蔵で1.2~1.3kg弱の重量(搭載バッテリーの種類により変わる)。B5サイズよりちょっと大きく、A4よりは一回り小さいという、よくあるタイプの大きさだ。厚さは最厚部で37mm強とややあるが、持ち歩きに気になるほどではない。

 今回試用したモデルは、店頭販売されている「グロスブラック」カラーの製品だ。カラーリング自体は珍しくないせいもあってか、見た目には「さほどキャラクターの立たない、普通のモバイルノート」という薄い印象すらうける。

LOOX Rの天板 LOOX Rの天板。カラーは艶のある「グロスブラック」。ちなみにフットプリントは週刊アスキーとほぼ同サイズ

 「グロスブラック」の店頭モデルが目立たないのには理由がある。デザイン的な特徴のあるモデルは、同社のウェブ直販サイト「WEB MART」限定で販売されているためだ。

 WEB MART限定のカスタムメイドモデルでは、天板のデザインを6種類から選択できる。カラーバリエーションはもう珍しくないが、同社の場合「昇華転写」という印刷技術を使い、ストライプやグラデーション、果ては犬の写真といった、実に派手な天板のモデルも用意している。

「プリントキャンバス」モデルの天板のバリエーション LOOX Rの「プリントキャンバス」モデルの天板のバリエーション。一番人気は「ブルーグラデーション」(中央)だとか。犬のプリントはやり過ぎ感もあるが、トライアルとしてはおもしろい

 特にブルーグラデーションの天板は美しく、文字通り「プレミアム」感が高い。数年前なら、試用機のような「光沢ブラック仕上げ」の外観でも満足できたのだが、もはやそれだけでは「フツー」と感じる時代、ということなのだろう。

 だが、LOOX Rの「プレミアム感」の本質は天板にあるわけではない。触ってみると、「ああ、プレミアムモバイルってこういうことか」と感じる部分が各所に存在するのである。

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン