このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

「加護亜依だからこそできること」は世直し!! 話題の『加護ちゃんねる。』が待望のDVD化

2008年12月08日 20時00分更新

文● 清水

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 元・モーニング娘。のメンバーで、芸能界に復帰した「加護ちゃん」こと加護亜依さんが、DVD『加護ちゃんねる。Vol.1』(発売:カルシウム、販売:エイベックス・マーケティング/2500円)の発売記念イベントを6日、秋葉原の石丸電気SOFT2で行なった。

 加護ちゃんねる。は、携帯サイトで展開されている世直しバラエティ番組。なぜかナース服になった加護さんが、さまざな社会問題に体当たりで取り組む様子が見られる。未成年喫煙でモーニング娘。を脱退させられた「私が言うのもなんだけどね」という精神のもと、迷惑行為をはたらく者たちに突撃世直しをするのである。

 DVD第1弾では、街で見かけたタバコのポイ捨て&未成年喫煙の注意ほか、富士の樹海にいる自殺志願者を説得など、骨のある内容になっている。DVDパッケージには、大きなタバコに跨った加護さんがネオン輝く夜の街を飛ぶ姿が描かれる。ぶっちゃけすぎにも程があるぞ! と注意したくなりそうなパッケージだ。

 会場はもちろんファンで満員。最初に企画を担当した佐藤プロデューサーが現れ、加護さんは呼び込まれる形でステージに登場。加護ちゃんねる。の制服ともいえるナース服だ。まずは加護ちゃんねる。についての主張を語ってくれた。

 「再生の意味で絶対にやりたかった企画。プロデューサーには泣かされたりもしましたが、楽しい企画になったと思います。自分が経験したことで(人に)教えられること、加護亜依だからこそできることを目指しました」

 声にはとても元気があり、本当にこれから再生したいと思う気持ちが表れているかのよう。「おでこのニキビを(CG処理で)消してほしかったのに消えていなかった。そこも愛してください♪」「この歳になるとニキビって言わなくて吹き出物(笑)」など、佐藤プロデューサーとともに、ボケと突っ込みを上手に交えて会場のファンと話す様子は、ほかのアイドルイベントとは一線を画すレベル。さすが全国レベルの大きなステージで鍛えてきただけのことはあると感じさせてくれた。

 途中では加護さんのプライベートデジカメで撮影されたスライドショーも。奈良県の実家に住む一番下の弟との大胆キス写真、料理をしている写真、そして人気写真集「月刊シリーズ」でのテストショットなどもファンに向けて公開された。

 そしてジャンケン争奪によるプレゼントコーナー。メッセージ付きのパスケース、2009年のスケジュール帳がそれぞれ3人に当たったが、その次のプレゼントがすごい。加護ちゃんねる。で加護さんが繰り出す「世直しビンタ」をもらえるというのだ。会場もヒートアップしたが、男性3人が見事にその権利を獲得。ステージに呼び出され、いきなり「そこ、座りなさい!」とキツめに言う加護さん。「叩かれるほうも辛いけれど、叩くほうも辛いのよ!」と前置きして一気にバチンッ! 結構ガチ。会場からは「私も叩かれたい!」と名乗りを上げる女性ファンも出るほどだった。

 第2弾DVD『加護ちゃんねる。Vol.2』も19日に発売される予定。今度はあの東スポ襲撃して疑惑の記事にモノを申したり、ホリエモンこと堀江貴文氏との焼肉対談などが収録される。今回のイベントが楽しい内容だっただけに、第2弾も開催が切望されるところ。また、20日にはイベント「加護亜依プロデュース SPECIAL LIVE PARTY/X'mas 感謝祭2008」も日本青年館で行なわれる。

(写真特集ページへ続く)

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ