このページの本文へ

ガジェットで自転車ライフをもっと便利に! 第4回

GPSで変わる自転車ライフ iPhone編(後編)

2008年11月26日 20時00分更新

文● 荻窪 圭

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Macユーザー必携のTrailRunner

 TrailRunnerMacOSX専用アプリで、トレーニングサポートソフト。これはNike+やGPSレシーバーと連携してデータを蓄積し、トレーニング計画を立てたり、トレーニング日記をつけたりというアスリートなアプリだ。

 それがiTrailと連携してくれたのである。

iTrailからTrailRunnerへ直接データを転送できるのだ

TrailRunnerのルート読み込み画面。ルートをTrailRunnerに転送したら、「読み込み」をクリック。すると「日記」にデータが追加される

 本格的なトレーニングをしなくても、自転車走行日記みたいな感じで使うだけでも楽しい。

この地図はmicrosoftのVirtualEarthのデータを使っている。左に日付がついており、いつ何km走ったかがすぐわかるし、その日のルートもわかるし、「日記を開く」をクリックすればその日の走行日記も書ける

 iTrailから無線LANで転送したデータを日記に読み込むと、その日に何km走って、そのルートはどうで(地図は、Microsoftのものを使う)、移動平均速度や最高速はどのくらいでというのが一目瞭然でわかるし、速度や高度の変化も示してくれる(高度については参考までに、って感じだが)。

 トレーニングに使うなら、練習計画をたてたり、走行ルートをセットしてそれに従って走ったりという使い方もできるが、そこまではいらないよって人は、普通に走行ログ管理ツールとして使っても便利なのである。また、MobileMeのアカウントを持っていれば、トレーニングブログを自動的に作って公開する機能もあり、なかなか面白い。

(次のページへ続く)

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ