このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

特集・冬ボーナスで買う薄型テレビ第3回

東芝の新型テレビ「超解像技術」に隠れた本当の狙いとは

2008年11月06日 15時36分更新

文● 鳥居一豊

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
26型ブラウン管ユーザー、「超解像技術」に驚くの図。画面の奥まで見渡せるくらいの立体感が生まれてるんです

地デジをキレイに観られる、東芝「REGZA」の新技術

 今秋の薄型テレビの最新モデルは最新鋭の技術を採用したモデルの登場が相次ぎ、大きな注目を集めた。こうした新技術により、大幅な高画質化や驚異的な薄型化などを実現したニューモデルを見ていると、「薄型テレビの新しい時代」が到来したことを感じさせてくれる。

 そこで各社の最新モデルに採用された注目の新技術に焦点を当て、その技術の凄さを詳しく解説していくことにする。今回は東芝の液晶テレビ「REGZA」の超解像技術「レゾリューションプラス」だ。

 なお、この記事では最新技術をマニアックに徹底解剖することで、メーカーが「現在どこにいるのか」「どこを目指しているのか」に焦点を当てている。具体的なテレビのラインナップは「2008年秋冬薄型テレビ、よくわかる最新事情」を参照してほしい。

「超解像」適用前(右)、適用後(左)。芝目がくっきりと分かり、画面に立体感が生まれる

「失われた映像ソースを復元する」のが東芝の哲学

 実はこの超解像技術、東芝の専売特許ではない。多くのAV機器メーカーが注目する映像の高画質化技術なのだ。「CEATEC JAPAN 2008」でもNECや日立製作所が技術を参考出展していた。基本的に「入力された映像の解像度を向上する」技術の総称と考えてよいが、従来からある「アップコンバート処理」とは別物の技術といえる。

コアテクノロジーセンター AV技術開発部 第四担当主査の浪岡利幸氏。REGZAで超解像技術のLSI化を担当している

 従来のアップコンバート処理は信号処理によって映像の「解像感」を向上する。これに対し、超解像技術は映像の「解像度そのもの」をアップさせるのだ。

 今回、REGZAで超解像技術のLSI化を担当した浪岡利幸氏によれば「映像のデジタル化の際に失われた信号を復元し、映像の画素そのものを増やすことで映像の解像度を高めること」だという。

 もちろん、超解像処理を実現する方法は各社でさまざまな方式が研究されており、共通ではない。東芝では「再構成法」という手法を使っており、自社の超解像技術をレゾリューションプラスと呼んでいる。次のページでは、この手順を詳しく解説しよう。少々難解なので、イラストを中心に読んでみてほしい。

 (次のページ: たった3分でディープに分かる! 超解像の詳しい仕組み)

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン