このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

特集・冬ボーナスで買う薄型テレビ第2回

薄型テレビ10の疑問と3つの地雷~2008年冬

2008年11月05日 14時57分更新

文● 橋本 優/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
CMで「超解像」という言葉がさらりと出てくるが、意味分かりますか?
CMで「空と海の青の違いで僕は泣いたりする」の後に「超解像」という言葉がさらりと出てくるが、意味分かりますか?

 前回のテレビ特集では、薄型テレビの基本的な「10の疑問」を解説した(関連記事)。

 あれから約半年、2008年秋冬の薄型テレビはまたしても著しい進化を遂げてしまった。そこで今回は新しい機能を中心に「何コレ?」を解説していこう。


疑問1 「超解像」とアップスケールの違いは?

東芝「REGZA」の超解像のしくみ
東芝「REGZA」の超解像のしくみ

 超解像は低い解像度の映像を高解像度化する技術のこと。単純に映像を拡大するのではなく、特殊な画像処理を施してきれいに表示するのがポイントだ。

 東芝や日立、NECなどがこの超解像技術に力を注いでいるが、技法が決まっているわけではない。各社とも異なる仕組みで超解像を実現している。

東芝が開発中の「Cell TV」では、超解像処理を何度も繰り返し行なうことで映像をよりきれいにする
東芝が開発中の「Cell TV」では、超解像処理を何度も繰り返し行なうことで映像をよりきれいにする

 例えば東芝の超解像技術は、一度アップスケールした映像からダウンスケールした映像を生成し、アップスケール前の元の映像と比較することで破綻の起きている箇所を特定。その箇所を修復することできれいな映像を実現する。


疑問2 4倍速駆動って何がスゴイの?

「BRAVIA W1」シリーズ
世界で初めて4倍速駆動を実現した「BRAVIA W1」シリーズ

 昨年前半から「倍速駆動」技術を搭載したテレビが続々と登場し、現在では当たり前の機能として普及している。

 デジタル放送は秒間60コマの映像を送信しているが、テレビ側でコマとコマの間の映像を生成し、秒間120コマで表示するのが倍速駆動技術だ。これにより映像の動きがより滑らかになる。

 そして、ソニーから発表された「BRAVIA W1」シリーズは、コマとコマの間に3コマの映像を生成し、補間映像として挿入。倍速駆動のさらに倍の秒間240コマで映像を表示する。

 つまり、理論上は1年半前に発売されたテレビより4倍滑らかな映像が見られるのだ。

 

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン