このページの本文へ

やっぱり女子は亀山よりもフクヤマ? 

REGZAが年末商戦に向け好スタート

2008年11月18日 20時43分更新

文● 橋本 優/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「REGZA」

ハイエンドからミドルレンジまで一気に新製品を投入した「REGZA」

 世界的不況の中、東芝の液晶テレビ「REGZA」が売れている。GfKジャパンの統計によると、10月の薄型テレビ市場で東芝のシェアは2位(17%)でその伸長率は175%。市場の伸長率(116%)を上回っている。

 最近のREGZAといえば福山雅治のCMが印象的。吉永小百合や矢沢栄吉が台頭する中、東芝は福山雅治を起用して大々的なプロモーションを展開しているが、その成果が着実に出ているようだ。


フクヤマ効果で認知度80%を目指す

テレビCMやカタログのほか、屋外の巨大広告にも福山雅治が登場

テレビCMやカタログのほか、屋外の巨大広告にも福山雅治が登場

 REGZAシリーズは当初、外付けHDDやNASを接続して録画ができたり、細かい調整ができる画質設定などがウリだった。このため画質・音質にこだわりを持つ男性ユーザーの認知度は高いが、女性にはなかなか認知してもらえなかった現実がある。

 この状況を打破するために、この年末商戦は女性から圧倒的に支持されている福山雅治をCMに起用した。

 効果は上々で、REGZAのブランド認知率は昨年と比較して20%アップし、現在は60%になったという。さらに年末までには80%を目指したいとのことだ。


小型のラインアップとテレビで録画が追い風に

 REGZA好調の要因はそれだけではない。不況の影響で今年の年末商戦は高額な薄型テレビ――特に40型以上の大型テレビが苦戦しそうだ。

 大型のハイエンド機種に絞って新製品を投入したメーカーが多かったが、東芝はハイエンドからミドルレンジまで一気に6機種を投入した。そのうちの5機種に40型以下のモデルが用意されている。

 さらに、HDDレコーダーを使わず、薄型テレビで直接番組を録画する機能が認知されている状況も見逃せない。日立、東芝に続き、パナソニックやシャープも録画機能をテレビに搭載した。

東芝のテレビ事業部 事業部長の大角正明氏

東芝のテレビ事業部 事業部長の大角正明氏

 東芝の大角正明氏は、不景気な状況を踏まえて「景気ですから気が大事」と口にしたが、不景気をバネにしたREGZAの躍進が始まるかもしれない。

■関連サイト

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

iPhone 11、ASCII徹底大特集!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中