このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

松村太郎の「ケータイが語る、ミクロな魅力」 第43回

常識を覆した!? オトナ端末「URBANO」

2008年10月16日 15時00分更新

文● 松村太郎/慶應義塾大学SFC研究所 上席所員

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

【今週の1枚】クールなデザインに現れる、大きな文字の歩数計。高級感のあるイメージに歩数計はややアンバランスのようにも見えるが、そこをやってのけるのがURBANOの画期的なところ。オトナ向け初のケータイと言ってもいいだろう

 ケータイは若者をターゲットに広がり、シニア向け、子供向けへと展開した。しかし、ここで取り残されたターゲットがあった。それは若者でもシニアでもない「オトナ」である。新たなマーケットと真剣に向き合って作られたケータイがauの「URBANO」だ。


オトナの色香を感じるデザイン

 これまでのケータイは主に若者向けのデザインや機能、サービスが考えられてきた。特にauは「ガク割」と「au design project」によって、「若者向けのカッコいいケータイ」というイメージを定着させることに成功している。その中で、今回登場した端末「URBANO(アルバーノ)」は、デザインからして異彩を放つ風格と、オトナの色香を感じさせる。

 机に置かれたURBANOで一際目立つのが、縦長のスクエアなサブ液晶とそれを十字に取り囲むシルバーのアクセント。高級ブランド時計を思わせる意匠と一目でわかる。カラーリングは時計にマッチする色で統一されており、白と黒のモノトーンと、ちょいワルを意識するワインレッドのボディーカラー。どの色でもきちんとトータルコーディネートが伝わってくる。

時計をモチーフにデザインが始まったというURBANO。オトナの男性を見事にくすぐるデザインを獲得している

 端末を開くと、大き目のダイアルキーが出てくる。このダイアルキーの押し心地は傑作だ。クリック感がなくなりがちなシートキーは採用せず、キー形状と同じフレームを設けた。

 フレームと共に、中央の文字列を両サイドからずらすことで、押し間違い防止にも寄与している。そしてターゲットの年齢層が高めに設定されている端末にありがちな短縮ダイアルボタンは見あたらない。

明らかに使いやすいテンキーは傑作。クリック感の確保、押し間違い防止のための工夫がアダルトのみならず、ワカモノにも使いやすい

 またリスト式のメニューではなく、通常のau端末と同じグリッド型のメニュー配置になっており、カメラやおサイフケータイ、ワンセグなどの現在のケータイで標準となった機能やサービスを余すことなく搭載する。さらにau Smart Sportsでも利用できるGPSや加速度センサーまで採用される充実ぶりだ。シニアではなくアダルト。そんなターゲットのケータイは、ありそうでなかった。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン