このページの本文へ

iTunes、The New Classicsの「星も飛ばされそうな」を無料配信

Kool&The Gangの血を引くニューカマー

2008年09月10日 00時04分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

iTunes(株)(アップルジャパン(株))は10日、同社がセレクトする無料配信楽曲「今週のシングル」として、The New Classicsの「星も飛ばされそうな」を公開した。配信期間は9月16日まで。

The New Classics
The New Classicsのメンバーは、ボーカル兼キーボードの小西感翌、ボーカル兼作詞の藤沢和宏、ラップ兼ボーカルのグレゴリー・ブラウンの3人。平均年齢は弱冠19才だ

The New Classicsは、インターナショナルスクールの同級生3人で結成されたブラックミュージックグループ。楽曲と詩は3人の共作で、さらに1ラップ+2ボーカル構成という、ひとりも欠かすことのできないサウンドが特徴。ラップを担当するグレゴリー・ブラウンはKool&The Gangのオリジナルメンバーであるジョージ・ブラウンを父に持ち、幼少のころより父から授かったリズム&ブルースの才能をグループ内でも発揮している。

BIRTH 今回の配信楽曲「星も飛ばされそうな」を含む8曲を収録したファーストミニアルバム「BIRTH」の発売日は10月15日。価格は2000円

ボーカル兼作詞の藤沢和宏にiTunesリスナーに向けたメッセージを求めたところ、「「星も飛ばされそうな」は、どんなことにも負けずに進んで行こうという曲なので、つらくてくじけそうになった人たちがこの曲を聴いてがんばろう! という気になってくれたらうれしいです」と答えてくれた。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中